コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

営業停止 エイギョウテイシ

3件 の用語解説(営業停止の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えいぎょう‐ていし〔エイゲフ‐〕【営業停止】

免許制・許可制の営業で、業者が違法または不当な行為を行った場合に、行政処分によって一定期間その営業の停止を命じること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えいぎょうていし【営業停止】

行政庁が,ある営業をしている者に対して,一時的にその営業を禁止し,またはすでに与えられた営業許可の効力を停止する(営業を許されているという法的な地位を一時的に消滅させる)行為。主として,その営業を規制する法令や許可条件に対する違反行為があった場合に,その違反行為が継続されることを防ぎ,かつ,これに制裁を加えるために行われる訴訟手続を経る必要がなく,また,相手方に深刻な不利益を与えるものであることから,〈営業許可の取消し〉とともに,規制の実効を確保する手段として罰金などに比べて効果が大きいとされ,各種の法令に規定が置かれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えいぎょうていし【営業停止】

免許・許可を必要とする営業において,業者が違法や不当な行為を行なった場合に,一定期間その営業を停止することを命ずる行政処分。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

営業停止の関連キーワード裁決審査請求旅館裏口営業営業免許許可営業検束異議申立て禁止営業許可と認可

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

営業停止の関連情報