コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入場税 にゅうじょうぜい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

入場税
にゅうじょうぜい

興行場などへの入場に対し入場料金を課税標準として興行場経営者または主催者に課す国税一種。入場税法 (昭和 29年法律 96号) により規定されていたが,消費税導入に伴い 1989年4月1日をもって廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にゅうじょう‐ぜい〔ニフヂヤウ‐〕【入場税】

映画・演劇・音楽・スポーツ競馬などの興行場への入場者に課される国税。平成元年(1989)消費税の導入に伴い廃止。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

入場税【にゅうじょうぜい】

入場税法(1954年)に基づき,映画,演劇,演芸,音楽,スポーツ等の興行場,競馬場,競輪場等への入場に対して課される国税。興行場等の経営者を納税義務者とする間接消費税であるが,1989年4月より消費税の創設に伴い廃止された。
→関連項目興行場法

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にゅうじょうぜい【入場税】

映画,演劇,演芸,音楽,スポーツまたは見世物を多数人に見せ,または聞かせる場所ならびに競馬場,競輪場,小型自動車競走場またはモーターボート競走場への入場に対し課される国税で,消費税の一つである(入場税法,1954公布)。納税義務者は興行場等の経営者または主催者で,入場料金を課税標準とし,税率10%で課税される。1人1回の入場料金が,映画については2000円,演劇等については5000円,競馬場等については30円以下である場合,および児童,生徒等を教員の引率により入場させる等の場合には非課税とされる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にゅうじょうぜい【入場税】

映画館・劇場・競技場などへの入場に対して課された国税。1989年(平成1)消費税の導入に伴って廃止。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

入場税
にゅうじょうぜい

映画、演劇、演芸、音楽、スポーツ、見せ物、競馬、競輪などの入場料金に課された国税。1989年(平成1)4月に消費税が導入されたことにより廃止された。入場税の納税者は入場料金を領収する者であった。税率は個別の課税物件ごとに定められ、たとえば、映画は入場料金が2000円超、演劇などは5000円超、競馬などは30円超の場合に対しておのおの10%の税率が課された。教育や社会事業に純益を支出する目的で特定の者が催す興行の場合には免税措置が適用された。
 入場税は、古くは観覧税の名称で地方税であったが、1938年(昭和13)に国税に移管され、名称も入場税に改められた。第二次世界大戦後の48年(昭和23)には地方税に委譲されたが、54年にはふたたび国税に移管され、89年の廃止まで続いた。税収額は小さく、1985年度(昭和60)においては50億円で、当該年度の国税総額39兆1500億円の0.01%を占めるに過ぎなかった。[林 正寿]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

入場税の関連キーワード日本劇団協議会娯楽施設利用税日本演劇協会吉田 貴寿地方交付税映画館競技場地方税免税点名寄劇場

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android