コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

興除 こうじょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

興除
こうじょ

岡山市南西部の地区。旧村名。 1971年岡山市に編入。児島湾干拓地の機械化農村として全国的に有名。興除新田の干拓は文政6 (1823) 年に始り,岡山藩が行なったもので,興除の名は「興利除害」という古語からとられた。 1875年には,さらに士族授産で干拓を試みたが失敗,三菱や地元資本の大原家の手で完成。 1920年代からは動力揚水機を使い,20年代後期には農民と村の鍛冶屋の協力で自動耕耘機を完成,機械化農業が発達した。水田は1~1.2haの碁盤目状に区画され,イネ,イグサを栽培していたが,現在はほとんど通勤兼業農家となり,住宅団地もつくられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

興除【こうじょ】

岡山県岡山市の一部。児島郡の旧村。機械化農村として有名で,〈興利除害豊饒〉から命名。児島湾干拓による新田開拓は1825年に始まり,明治中期ほぼ完成。1924年の旱魃(かんばつ)を機に機械化が進んだ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕興除(こうじょ)


岡山市南区西部にあった旧村名。旧児島(こじま)湾奥の干拓地にあたる。興除村は1971年(昭和46)岡山市に編入、行政地名からは消滅した。同村は1823年(文政(ぶんせい)6)から明治中期にかけての干拓新田に立村。大区画耕地での機械化農業の先進地として知られた。かつては稲作・イグサ栽培が中心だったが、近年は野菜栽培なども盛ん。都市化も進展している。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

興除
こうじょ

岡山市南区西部の地域。旧興除村。児島(こじま)湾の干拓による新田地域で、1823年(文政6)の興除新田のほか、内地(うちじ)干拓、付州(つけす)干拓、一番開墾、二番開墾からなった。興除新田は幕命による岡山藩営新田であるが、実際は大庄屋(おおじょうや)らの出資によって開発された。第二次世界大戦後の農地改革までは村外大地主の所有が多く、農民の間には作株(さくかぶ)と称する小作権(上地権)の物件化が行われていた。1910年(明治43)には畜力原動機の大車(おおぐるま)による揚水機などが用いられ、大正時代の石油発動機の開発、昭和になってトラクターの利用と、しだいに機械化が進み、日本農業機械化のメッカといわれた。現在は兼業農家が多く、一部では宅地化も進んでいる。従来、水田が基本であるが、かつてみられた麦やイグサ栽培は衰退し、部分的に施設園芸、野菜栽培、養鶏などが行われている。なお、興除という行政地名は消滅し、市役所の支所名や小・中学校名などに名を残しているにすぎない。[由比浜省吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の興除の言及

【岡山平野】より

…16世紀末には宇喜多開発が最初の干拓地として成立した。以後,江戸時代には備前藩ではとくに17世紀と19世紀に大規模な新田開発を行い,旭川と吉井川の間に沖新田など,児島湾奥に興除(こうじよ)新田などのほか小新田も入れると175新田,約9200haが干拓された。備中側でも倉敷南部や水島において数多くの新田が生まれた。…

※「興除」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

興除の関連キーワード岡山県岡山市南区中畦大草太郎右馬十二ヶ郷用水岡山県岡山市重井 しげ子岡山(市)柴田 睦陸岡山(県)岡山[市]岡山平野干拓地湾奥藤田

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

興除の関連情報