コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船山馨 ふなやま かおる

2件 の用語解説(船山馨の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

船山馨 ふなやま-かおる

1914-1981 昭和時代の小説家。
大正3年3月31日生まれ。新聞記者のかたわら小説をかく。昭和15年「創作」同人となり,「北国物語」を発表。22年「近代文学」同人。昭和56年8月5日死去。67歳。北海道出身。明大中退。作品に「笛」「石狩平野」,「茜(あかね)いろの坂」(吉川英治文学賞)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

船山馨
ふなやまかおる
(1914―1981)

小説家。札幌生まれ。明治大学商学部中退。新聞記者を経て、1940年(昭和15)寒川光太郎(さむかわこうたろう)や椎名麟三(しいなりんぞう)らと同人誌『新創作』を発刊。41年末、十返肇(とがえりはじめ)や田宮虎彦(とらひこ)らと「青年芸術派集団」を結成。『衣裳(いしょう)』(1941)、『北国(きたぐに)物語』(1941)など叙情的なロマンを世に問うた。第二次世界大戦後は、『半獣神』(1948、全三部の構想だが第一部のみ)で実存的傾向を深めた。48年太宰治(だざいおさむ)の自殺で『朝日新聞』に準備不足のまま『人間復活』(1949)を執筆したことから覚醒(かくせい)剤中毒に陥った。以後しばらく低迷が続いたが、日本近代史を背景に無名の一女性の流転の生涯を描いた『石狩平野』正続(1967、68)で本来の面目を取り戻し、『お登勢(とせ)』正続(1969、73)、『蘆火野(あしびの)』(1973)など大河ロマンの分野で健筆を振るった。[古林 尚]
『『船山馨小説全集』全12巻(1975~76・河出書房新社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

船山馨の関連キーワード高桑義生横溝正史桜田常久橘外男伊藤人誉大倉燁子寺崎浩徳田一穂野沢純横山美智子

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone