コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船穂[町] ふなお

世界大百科事典 第2版の解説

ふなお【船穂[町]】

岡山県南部,高梁(たかはし)川下流西岸に位置する浅口郡の町。人口7619(1995)。町域は東西を倉敷市に挟まれ,北部の丘陵地帯,南部の高梁川沿いの低地からなるが,南部の低地は江戸時代の干拓以前は瀬戸内海の海域であった。現在,干拓地では水田耕作,イグサ栽培が行われている。高梁川が天井川であるため一部の水田地帯は湧水に依存している。丘陵地帯は第2次大戦後,灌漑設備の設置により果樹園芸地帯として発展し,ブドウ,白桃,温室マスカットなどが栽培される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

船穂[町]の関連キーワード右岸

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android