コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真備 まび

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真備
まび

岡山県南部,倉敷市北西部の旧町域。高梁川とその支流小田川流域にある。 1952年箭田 (やた) 町と呉妹 (くれせ) 村,二万 (にま) 村,薗 (その) 村,大備 (おおび) 村の4村が合体して真備町が成立。 1956年穂井田村の一部を編入。 2005年倉敷市に編入。地名は当地出身と伝えられる吉備真備に由来。小田川は天井川をなして流れるため,町は高い堤防に囲まれる。低地には湿田が多い。イネ,イグサ,モモ,ブドウの栽培が行なわれ,タケノコ多産する。水島工業地域と関連する工場が立地。箭田大塚古墳は国の史跡に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

まび【真備】

岡山県南西部、倉敷市の地名。山陽道の旧宿駅。吉備真備きびのまきびの生地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真備
まび

岡山県南部、吉備(きび)郡にあった旧町名(真備町(ちょう))。現在は倉敷(くらしき)市の北西部を占める地域。旧真備町は、1952年(昭和27)箭田(やた)町と大備(おおび)、薗(その)、二万(にま)、呉妹(くれせ)の4村が合併して成立。2005年(平成17)倉敷市に編入。これにより吉備郡は消滅した。名称は吉備真備(きびのまきび)の墳墓の地に由来。井原(いばら)鉄道、国道486号が通じる。南流する高梁(たかはし)川と、東流する支流小田川が地域の南東端で合流、氾濫(はんらん)原が広がる。小田川沿いに旧山陽道が通じ、川辺は宿場町として発達した。近世には大部分が岡田藩の所領。中心集落は箭田。農業が中心で、米作のほか、タケノコ、ブドウ、花卉(かき)などの特産物がある。また倉敷市水島地区の発展の影響で宅地化と工場地化が進んでいる。箭田大塚古墳は国指定史跡。[由比浜省吾]
『『真備町史』(1979・真備町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

真備の関連キーワード岡山県倉敷市真備町岡田岡山県倉敷市真備町箭田鳥取県鳥取市賀露町北真備ふるさと歴史館吉備大臣入唐絵詞明誠学院高等学校吉備大臣入唐絵巻岡山県倉敷市藤原広嗣の乱真備[町]玄【ぼう】真備〈町〉吉備塚古墳藤原広嗣刪定律令私教類聚仮字本末広峰神社西森 元下道氏墓

真備の関連情報