コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真備 まび

3件 の用語解説(真備の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真備
まび

岡山県南部,倉敷市北西部の旧町域。高梁川とその支流小田川流域にある。 1952年箭田 (やた) 町と呉妹 (くれせ) 村,二万 (にま) 村,薗 (その) 村,大備 (おおび) 村の4村が合体して真備町が成立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

まび【真備】

岡山県南西部、倉敷市の地名。山陽道の旧宿駅。吉備真備きびのまきびの生地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真備
まび

岡山県南部、吉備(きび)郡にあった旧町名(真備町(ちょう))。現在は倉敷(くらしき)市の北西部を占める地域。旧真備町は、1952年(昭和27)箭田(やた)町と大備(おおび)、薗(その)、二万(にま)、呉妹(くれせ)の4村が合併して成立。2005年(平成17)倉敷市に編入。これにより吉備郡は消滅した。名称は吉備真備(きびのまきび)の墳墓の地に由来。井原(いばら)鉄道、国道486号が通じる。南流する高梁(たかはし)川と、東流する支流小田川が地域の南東端で合流、氾濫(はんらん)原が広がる。小田川沿いに旧山陽道が通じ、川辺は宿場町として発達した。近世には大部分が岡田藩の所領。中心集落は箭田。農業が中心で、米作のほか、タケノコ、ブドウ、花卉(かき)などの特産物がある。また倉敷市水島地区の発展の影響で宅地化と工場地化が進んでいる。箭田大塚古墳は国指定史跡。[由比浜省吾]
『『真備町史』(1979・真備町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真備の関連キーワード船穂[町]岡山県倉敷市阿知岡山県倉敷市沖岡山県倉敷市北畝岡山県倉敷市北浜町岡山県倉敷市寿町岡山県倉敷市鶴形岡山県倉敷市林岡山県倉敷市水島岡山県倉敷市矢部

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

真備の関連情報