コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船穂 ふなお

2件 の用語解説(船穂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

船穂
ふなお

岡山県南部,倉敷市北西部の旧町域。高梁川下流右岸にある。 1940年町制。 2005年倉敷市に編入。江戸時代から足袋の家内工業が盛んであった。北部はモモ,温室ブドウの果樹地帯を形成。南に広がる沖積平野は水田地帯。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

船穂
ふなお

岡山県南部、浅口(あさくち)郡にあった旧町名(船穂町(ちょう))。現在は倉敷(くらしき)市の北西部を占める地域。旧船穂町は、1940年(昭和15)町制施行。2005年(平成17)倉敷市に編入。高梁(たかはし)川右岸にある。北部の丘陵地は畑地灌漑(かんがい)の整備により、露地ブドウ、温室ブドウ、モモが栽培され、岡山県の果物生産地の一中心地となっている。また、スイートピーなどの花卉(かき)栽培も盛ん。南部は近世に開発された水田地域で、国道2号が通じ、近くに山陽自動車道玉島インターチェンジがある。JR山陽本線と東海道・山陽新幹線が通過するが駅はなく、西方の新倉敷駅が最寄り駅である。水島臨海工業地域の発達に伴って都市化が進んでいる。[由比浜省吾]
『『船穂町誌』(1968・船穂町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

船穂の関連キーワード船穂[町]岡山県倉敷市阿知岡山県倉敷市沖岡山県倉敷市北畝岡山県倉敷市北浜町岡山県倉敷市寿町岡山県倉敷市鶴形岡山県倉敷市林岡山県倉敷市水島岡山県倉敷市矢部

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone