良成親王(読み)ながなりしんのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

良成親王
ながなりしんのう

征西将軍宮。後村上天皇の子といわれている。母は不明。正平 21=貞治5 (1366) 年前征西将軍宮懐良親王奏請で九州に下り,正平 24=応安2 (69) 年四国に渡って南朝方を統率,のち九州に帰って天授1=永和1 (75) 年征西将軍職を譲り受けて九州南朝方の中心となった。菊池武朝阿蘇惟武らを率いて今川貞世を追討,大いに兵威があがり,相良氏,禰寝氏らをも旗下に加えたが,まもなく勢力を失った。南北朝合一後没したらしい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良成親王 よしなりしんのう

?-? 南北朝時代の皇族。
後村上天皇の皇子とされるがあきらかではない。永和元=天授元年(1375)懐良(かねよし)親王から征西将軍職をゆずられ,九州南朝勢力の中心となるが,九州探題今川了俊に追われて退却をかさね,筑後(ちくご)(福岡県)矢部で死去したとつたえられる。名は「ながなり」ともよむ。

良成親王 りょうせいしんのう

よしなりしんのう

良成親王 ながなりしんのう

よしなりしんのう

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

良成親王

生年:生没年不詳
南北朝期の皇族。「ながなり」ともいわれる。父は後村上天皇といわれ,後醍醐天皇の皇子懐良親王のあとを受けて,永和1/天授1(1375)年に後征西将軍宮となり,九州南朝の中心であったが,次第に勢力衰退,同地で没したと伝えられる。生没,経歴,事跡とも不明な点が多く,後村上天皇の皇子で,名を良成とする史料『古本帝王系図』の成立時点も近世とされるところから,この親王の存在自体を疑う説もある。ただ『阿蘇文書』などに,明徳3/元中9(1392)年の南北朝統一後も,「元中」の年号を用いた征西将軍宮の令旨がみえるなど,存在を示す事例もないわけではない。<参考文献>『村田正志著作集』7巻

(相馬万里子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の良成親王の言及

【征西将軍】より

…しかし九州探題に任命されて下向してきた今川了俊によって72年(文中1∥応安5)大宰府を追われ,筑後国高良山(こうらさん)(現,久留米市)に退いたが,武光の戦死で衰退の一途をたどり,筑後国八女郡黒木,星野(現,福岡県八女郡黒木町,星野村)の山間部に拠点を移し,抵抗を継続することになった。 このような状況下,征西将軍職はかねて九州に下向していた後村上天皇の皇子良成(よしなり)親王に譲られた。その時期については大宰府を脱出した直後の72年説,74年説,75年(天授1∥永和1)説などがあるが明確ではない。…

【八代宮】より

…一名〈将軍さん〉とよばれる。後醍醐天皇皇子懐良親王を主祭神とし,後村上天皇皇子良成親王を配祀する。明治になり,建武中興の功績者を顕彰する機運が高まるなかで,いずれも南朝の征西将軍宮として四国・九州で活躍した勲功により,1880年官幣中社に列して奉斎する旨の勅命が発せられ,84年懐良親王ゆかりの八代城址に鎮斎された。…

※「良成親王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

荒唐無稽

[名・形動]言動に根拠がなく、現実味のないこと。また、そのさま。「荒唐無稽な小説」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android