コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芝村藩 しばむらはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芝村藩
しばむらはん

初め戒重 (かいじゅう) 藩。江戸時代大和国 (奈良県) 式上 (しきのかみ) 郡芝村地方を領有した外様小藩元和1 (1615) 年織田氏が1万石で戒重に居所をおき立藩,宝永1 (1704) 年陣屋を芝村に移し,廃藩置県にいたる。江戸城柳間詰。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芝村藩
しばむらはん

大和(やまと)国式上(しきじょう)郡芝村(奈良県桜井市)周辺を領有した外様(とざま)藩。初名戒重(かいじゅう)藩。1615年(元和1)に織田信長の弟長益(ながます)(有楽斎(うらくさい)、茶人)が所領を三分して、四男長政に式上・山辺(やまのべ)、摂津国島下(しましも)3郡内において1万石を与え、桜井市域西部にある中世城郭戒重城を陣屋に改め、戒重藩と称したが、4代長清のとき北東4キロメートルの岩田村へ陣屋替えが願い出され、1713年(正徳3)に地名も芝村と改称、7代輔宜(すけよし)の1745年(延享2)に藩庁が移された。1737年(元文2)摂津、大和の天領1万3000石を預かり、かくて芝村には旅籠(はたご)、郷宿(ごうやど)、御用商人も集い、上街道沿いに町並みが発展し、寛政(かんせい)年間(1789~1801)には戸数400軒、人口も1600人に達した。1794年(寛政6)には天領預かり御免。11代長易(ながやす)の1863年(文久3)には、天誅(てんちゅう)組浪士追捕(ついぶ)の功を賞せられた。1871年(明治4)廃藩。領域は芝村県、奈良県、堺(さかい)県、大阪府を経て87年再置の奈良県に編入。[平井良朋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

芝村藩の関連キーワード奈良(県)熨斗久兵衛織田長宇織田長亮織田長恭織田長教織田長易恒岡直史織田長清織田輔宜織田長弘前部重厚甲谷道庵戒重藩

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android