コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花丸 ハナマル

デジタル大辞泉の解説

はな‐まる【花丸】

小学校などで、よくできた答案や作品につける印。丸や二重丸の外側に、花びらのような形を書くもの。
花丸胡瓜(きゅうり)」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はなまる【花丸】

よくできた子供の作品につける丸印の一種。丸の外側に花びらの形を描いたもの。
日本料理で、黄色い花のついたままの小さいキュウリ。刺身や酢の物に添える。花丸胡瓜はなまるきゆうり

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

花丸 (ハナマル)

植物。ウリ科のつる性一年草,園芸植物。シロウリの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

花丸の関連キーワード伊藤若冲(じゃくちゅう)ブーム笑福亭 枝鶴(3代目)林家 染丸(2代目)京蒔絵(四君子花丸)東家 楽遊(初代)蜻蛉館姫丸(2代)遠州流(茶道)花丸せんべい切金(截金)白縁斎梅好河井寛次郎大仏 次郎切干し大根高槻かなこ上白石萌音花丸胡瓜村田雄浩小堀政俊梅ジャム松代城跡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花丸の関連情報