苛政は虎よりも猛し(読み)カセイハトラヨリモタケシ

  • かせい
  • は 虎(とら)よりも猛(たけ・はげ)し
  • 苛政
  • 苛政(かせい)は虎(とら)よりも猛(たけ)し

精選版 日本国語大辞典の解説

(「礼記‐檀弓下」に「孔子過泰山側。有婦人哭於墓而哀。〈略〉曰、然。昔者吾舅死於虎、吾夫又死焉。今吾子又死焉。夫子曰、何為不去也。曰、無苛政。夫子曰、小子識之。苛政猛於虎也」とあるのによる) 悪政が人民に与える害は、虎の害よりもはなはだしい。〔文明本節用集(室町中)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

悪政が人民に与える害は、虎の害よりもはなはだしい。

[使用例] 漢土には、苛政虎よりも猛しというがあるそうだ[正宗白鳥*人間嫌ひ|1949]

[解説] 孔子泰山のかたわらを過ぎたとき、婦人で泣いていた。聞くと、家族が三人も虎に殺されたという。それでもこの地を去らないのは、政治がよいからだといったという話(「礼記―檀弓下」)によることば。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

苛酷な政治が人びとに与える害は、虎の害よりもひどい、ということ。悪政を戒めることば。

[使用例] かの不慈悲にして残忍なる官吏てつべんふるい、これをしゃくし、これを強迫し、なんの容赦かこれあらん。なんの会釈かこれあらん。いわゆる苛政虎よりも猛しとは実にこの時代のありさまならん[徳富蘇峰*将来之日本|1886]

[使用例] 漢土には、苛政虎よりも猛しと云うことわざがあるそうだ[正宗白鳥*人間嫌い|1949]

[由来] 「礼記だんぐう・下」に出てくる、孔子の名言。あるとき、孔子がたいざん(山東省内にある山)の麓を通りかかると、ある女性がお墓の前で泣いているのに出会いました。その泣き声に耳を傾けていた孔子は、弟子に「その泣き方からすると、何度も不幸に遭われたようですね」と尋ねさせました。すると、「以前、夫の父が虎に襲われて亡くなり、夫も同じ理由で亡くなりました。そして今、我が子も虎に襲われて死んだのです」との答え。「ならば、どうして引っ越さないのですか」と重ねて尋ねると、その女性は、「ここの政治は苛酷ではないからです」と答えました。そこで孔子は、弟子たちに向かって、「しょうこれしるせ。苛政は虎よりも猛し(諸君、覚えておきたまえ、苛酷な政治は虎よりも恐ろしいのだ)」と述べたということです。

[解説] ❶父と子、孫の三代にわたって虎に殺されるという悲劇が、読者の胸を強く打つエピソード。悪政とは、それよりもさらにひどい害を人々に与えるものなのだ、という孔子のことばは、まさに名言といえましょう。❷本来は、政治家に対する戒めのことばですが、広く、人の上に立つ場合の心得として使うことができます。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android