コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若杉五十八 わかすぎいそはち

6件 の用語解説(若杉五十八の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

若杉五十八
わかすぎいそはち

[生]宝暦9 (1759). 長崎
[没]文化2 (1805).1.17. 長崎
江戸時代後期の長崎派の洋風画家。明和9 (1772) 年若杉家の養子となり,安永9 (1780) 年養父の実子に家督を譲り,さらに長崎会所請払役の久米家の養子となり,寛政6 (1794) 年請払役につく。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

若杉五十八【わかすぎいそはち】

江戸中期の洋風画家。一時長崎会所の請払役を務めた。絵は直接オランダ人に学んだらしく,江戸期洋風画家の中では洋画の雰囲気を最も純粋に備えている。代表作《洋船図》《鷹匠図》。
→関連項目長崎派

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

若杉五十八 わかすぎ-いそはち

1759-1805 江戸時代中期-後期の画家。
宝暦9年生まれ。久米家の養子となり,弥十郎と名のる。長崎会所請払(うけばらい)役をつとめた。洋風の油彩画をえがいたが,画歴など不明な点が多い。文化2年1月17日死去。47歳。作品に「蘭船図」「鷹匠(たかじょう)図」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

若杉五十八

没年:文化2.1.17(1805.2.16)
生年:宝暦9(1759)
江戸後期の長崎の洋風画家。長崎会所請払役を勤める。実父は盲人で鍼療を業とした。はじめ伯父若杉敬十郎の養子となり,のち久米豊三郎の娘婿に入って久米弥十郎と称した。西洋画法研究の経緯は不明だが,和蘭通詞吉雄耕牛との接触も考えられる。京都今宮神社へ奉納された懸額「洋船図」に,寛政3(1791)年の銘文があることから,寛政年間(1789~1801)には油彩技法を身につけていたことがわかる。J.E.リーディンガーの銅版画を原図とした「鷹匠図」(東京芸大蔵)をはじめ,江戸後期洋風画家中では最も優れた油彩画法を示しており,中国清朝洋風画からの影響も認められる。

(三輪英夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

わかすぎいそはち【若杉五十八】

1759‐1805(宝暦9‐文化2)
江戸後期の長崎の洋風画家。鍼療を営む盲人の子で,長崎会所請払役(会計係)を務める。長崎画壇にあっては在野の画人であったので,経歴や洋風画の伝習経路はほとんど不明である。1791年(寛政3)に京都の今宮神社に奉納された《洋船図》を描いたので,活躍期が推定できる。西洋から輸入された銅版画などを参考として,麻布油彩の本格的な西洋風俗図を描いた。【成瀬 不二雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

若杉五十八
わかすぎいそはち
(1759―1805)

長崎の洋風画家。盲目の鍼医(はりい)の子で、長崎会所請払(うけばらい)役を勤めたが、経歴も洋風画伝習経路も不明である。1791年(寛政3)京都の今宮神社に奉納された懸額(かけがく)『オランダ船図』のほか、西洋銅版画に基づく西洋風俗図数点を残しており、その油彩技法は鎖国体制下ではもっとも進歩している。ただし、司馬江漢(しばこうかん)を代表とする江戸系洋風画家のようには、創作的な日本的題材の洋風画を残していない。[成瀬不二雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

若杉五十八の関連キーワード三浦梧門司馬江南広渡湖秀秋田蘭画荒木如元長崎会所長崎運上坂本秋郷高木作右衛門(7代)林梅卿

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone