コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若狭得治 わかさ とくじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

若狭得治 わかさ-とくじ

1914-2005 昭和-平成時代の官僚,経営者。
大正3年11月19日生まれ。運輸省にはいり,海運局長のとき海運業界再編成にあたる。昭和40年事務次官。44年副社長として全日本空輸にはいり,45年社長,51年会長。同年ロッキード事件で外為法違反などで逮捕される。有罪判決をうけたが辞任せず,実力者ぶりを発揮した。平成17年12月27日死去。91歳。富山県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

若狭得治【わかさとくじ】

官僚・経営者。富山県出身。1938年に東京帝国大学(現,東京大学)法学部を卒業し,逓信(ていしん)省(1943年に改編統合されて運輸通信省となり,1945年には運輸省に改組された)に入る。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

若狭得治の関連キーワード外国為替及び外国貿易法全日本空輸[株]議院証言法住田正二逓信省

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android