コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松露 ショウロ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ろ【松露】

ショウロ科のキノコ。4、5月ごろ、海岸の松林の砂地に生える。球状または塊状で、直径約2センチ。外側は淡黄色、内部は熟すと褐色。未熟で白いものを食用にする。 春》「松風や人は月下に―を掘る/竜之介
の葉に置く露。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうろ【松露】

担子菌類腹菌目のきのこ。四、五月頃海浜の松林の下の砂中に生える。直径1~5センチメートルの球状で、色ははじめ白色、掘り出すと淡黄褐色になる。特有の松の香りがあり、吸い物の種などにする。 [季] 春。
松の葉におく露。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

松露 (ショウロ)

学名:Rhizopogon rubescens
植物。ショウロ科のキノコ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松露の関連情報