松露(読み)ショウロ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ろ【松露】

ショウロ科のキノコ。4、5月ごろ、海岸の松林の砂地に生える。球状または塊状で、直径約2センチ。外側は淡黄色、内部は熟すと褐色。未熟で白いものを食用にする。 春》「松風や人は月下に―を掘る/竜之介
の葉に置く露。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうろ【松露】

担子菌類腹菌目のきのこ。四、五月頃海浜の松林の下の砂中に生える。直径1~5センチメートルの球状で、色ははじめ白色、掘り出すと淡黄褐色になる。特有の松の香りがあり、吸い物の種などにする。 [季] 春。
松の葉におく露。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

松露 (ショウロ)

学名:Rhizopogon rubescens
植物。ショウロ科のキノコ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐ろ【松露】

〘名〙
① 松に置く露。松の葉にたまる露。〔王勃‐傷裴録事喪子詩〕
② 担子菌類ショウロ科のキノコ。扁球形または不規則な塊状で径一~五センチメートル。外皮は白く地中にうずまっているが空気にさらすと淡黄褐色となる。内部は白色、のちに熟して暗褐色に変わる。海辺の松林砂中に生じ、春、秋に採集して食用にする。《季・春》
※蔭凉軒日録‐長享二年(1488)二月一八日「自禅昌院南部左京進松露一折
※俳諧・蕪村句集(1784)秋「茯苓(ぶくりょう)は伏かくれ松露はあらはれぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android