コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荊軻 けいか Jing Ke; Ching K`o

4件 の用語解説(荊軻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荊軻
けいか
Jing Ke; Ching K`o

[生]?
[没]燕,王喜28(前227)
中国,戦国時代末期のの刺客。の人で諸国遊歴の末に燕の太子丹に仕える。沈着冷静で文武にすぐれていた。太子丹に秦王政 (→始皇帝 ) の殺害を頼まれた荊軻は,「風蕭々として易水寒し,壮士一たび去って復 (ま) た還 (かえ) らず」と歌い,秦におもむいた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けい‐か【荊軻】

[?~前227]中国、戦国時代の刺客。の人。燕(えん)の太子丹の依頼で、秦王政(始皇帝)を刺そうとして失敗、殺された。太子との別れに、易水(えきすい)のほとりで作った易水送別の歌「風蕭々として易水寒し、壮士一たび去って復た還らず」(「史記」刺客伝)の詩が有名。荊卿。→易水

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

けいか【荊軻】

?~前227) 中国、戦国時代の刺客。衛の人。燕えんの太子丹の命で、秦の亡命将軍樊於期はんおきの首と燕の地図を携えて秦の都咸陽に赴き、秦王政せい(始皇帝)の暗殺をはかったが失敗して殺された。 → 易水えきすいの歌

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荊軻
けいか
(?―前227)

中国、戦国時代の刺客。衛(えい)の人。剣術を好んで燕(えん)に赴く。当時秦(しん)に人質となっていた燕の太子丹(たん)は、秦王政(せい)(始皇帝)の待遇が悪かったので逃げ帰ってきていた。丹は、小国の燕が大国の秦に勝つには秦王を脅迫して土地を諸侯に返還させるか、あるいは暗殺するしかないと考え、荊軻に暗殺を依頼する。荊軻は秦から逃亡してきた樊於期(はんおき)将軍の首と、燕の督亢(とっこう)の地図を携えて出発する。易水のほとりで、太子らとの別れに際して「風蕭々(しょうしょう)として易水寒し、壮士一たび去ってまた帰らず」と歌った。秦王は地図を献上されたものと喜んで広げたが、その瞬間、荊軻は地図の内に隠していた匕首(あいくち)を取り出して秦王を突いた。秦王は驚いて身を引き、剣を抜こうとしたが抜ききれず、逃げ回る。武器の携帯を許されていない臣下たちも、とっさのことで手をこまぬいていたが、やがて秦王自ら剣を抜き荊軻に切りつけ、続いて従臣たちが彼を殺してしまう。『史記』刺客列伝に記されたこの事件は、古来、名場面として知られている。その後、燕は秦に攻撃され、紀元前222年に滅ぼされた。[鶴間和幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荊軻の関連キーワードアラトスウル第3王朝プラエトル全・前・善・喘・漸・然・禅・禪・繕・膳・髯荘王フィリッポスライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日タレントゥム前田町クレオメネス[3世]

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

荊軻の関連情報