コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒子 あらしこ

2件 の用語解説(荒子の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あらしこ【荒子】

戦国・江戸時代武家奉公人の一種。嵐子とも書く。1591年(天正19)の豊臣秀吉身分統制令に〈奉公人,侍,中間,小者,あらし子に至る,去七月奥州江御出勢より以後,新儀ニ町人百姓ニ成候者在之者〉(小早川家文書)とある。戦場で土木,輜重(しちよう),炊事などの雑役に従事した雑兵であり,その身分は百姓・町人とは明確に区別されていた。江戸幕府には小石川の薬園に22人の荒子(15俵一人半扶持高,抱席,御目見以下)がおかれていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荒子
あらしこ

戦国時代から江戸時代の武家奉公人。嵐子とも書く。奉公人としては最下層に属し、炊事や清掃など雑役に従事した。語源や発生などについては各説あり一定していない。文献的には戦国時代末期からみえ、とくに1591年(天正19)豊臣(とよとみ)秀吉の発した身分統制令では、中間(ちゅうげん)、小者(こもの)とともに荒子は武士身分に位置づけられ、新儀に百姓、町人になることを禁じている。江戸時代においては引き続き武家奉公人として幕府や諸藩の職制中に散見されるほか、転じて百姓の召使いを意味することばとしても広く使用されている。[佐々悦久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荒子の関連キーワード質奉公旗本奴奉公人肩入れ奉公人主中宿仁助武家奉公奉公人宿散判

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

荒子の関連情報