コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荘主 しょうす

1件 の用語解説(荘主の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょうす【荘主】

中世,禅家で寺領の代官(荘官)を指した用語。近世に成立した禅家の用語解説書である《禅林象器箋》に出ている。日本の禅宗,とくに臨済禅は中国南宋から直輸入された関係で,寺領支配機構も顕密の旧仏教系寺院とはまったく異なり,中国式の体制が移入された。すなわち禅院内を教学方面の西班と経済関係の東班に分かち,寺院の経理や荘園経営は東班の禅僧に行わせた。東班の最高位を都聞(つうぶん)または都官と呼び,その下に都寺(つうす),監寺(かんす),副寺(ふうす),維那(いのう),典座(てんぞ),直歳(しつすい)の六知事を置いて,これらの禅僧を東班衆と総称した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の荘主の言及

【荘園】より

…また守護との訴訟を有利にし,逆にその関係を円滑にするために国人や守護被官が代官となる場合もあり,守護請の形になることも多かった。室町期に入ると禅宗寺院が幕府と結びついて多くの所領を保持するようになるが,その経営に当たった荘主(しようす)とよばれる禅僧はすぐれた経営者,請負代官として広く各地の荘園を請け負って富を積んでいる。荘園支配者はこれらの人々を代官職に補任するさい,酒肴料(しゆこうりよう),補任料をとり,来納の名目で年貢銭を前借することもふつうに行われた。…

※「荘主」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

荘主の関連キーワード沙汰人代官代官見立新田目銭眼代寺領禅家火箸源保茂

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

荘主の関連情報