荷担・加担(読み)かたん

大辞林 第三版の解説

スル
が原義 仲間に加わって助力すること。 陰謀に-する
荷物を背負うこと。 三種の神器を自ら-して/太平記 18

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (荷担) 荷物をになうこと。荷をかつぐこと。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※太平記(14C後)一八「三種神器を自荷担(カタン)して」 〔列子‐湯問〕〔後漢書‐丁鴻伝〕
② (他人の荷を背負うところから) 力を貸すこと。助けること。味方になること。また、その人。
※結城氏新法度(1556)八〇条「指南之者、縁者親類、又かせもの下人にて候とて、かたんし引汲し、理をとり付」
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉雑記「王政維新の際に仙台は佐幕論に加担(カタン)して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android