コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荻原雲来 おぎわらうんらい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荻原雲来
おぎわらうんらい

[生]明治2(1869).2.10. 和歌山,田辺
[没]1937.12.20.
サンスクリット語学者。浄土宗の僧。浄土宗学本校を卒業し (1896) ,1899年ドイツに留学,ストラスブール大学の E.ロイマンサンスクリット語を学び,多数の原典および翻訳を刊行。遺稿集『荻原雲来文集』がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荻原雲来 おぎわら-うんらい

1869-1937 明治-昭和時代前期の僧,サンスクリット学者。
明治2年2月10日生まれ。浄土宗。明治32年ドイツに留学,E.ロイマンに師事し仏典を研究した。帰国後,宗教大(現大正大)教授,芝中学校長,東京帝大講師などを歴任。浅草誓願寺住職。昭和12年12月20日死去。69歳。紀伊和歌山出身。浄土宗宗学本校卒。著作に「梵漢対訳仏教辞典」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荻原雲来
おぎわらうんらい
(1869―1937)

明治~昭和期の浄土宗の僧。号は独有。和歌山県海部(あま)郡(和歌山市)の土橋次郎の次男として生まれる。幼名は竹治郎。師僧荻原雲台のもとで得度し、師の姓を継いだ。1899年(明治32)ドイツに6年間留学、梵語(ぼんご)学を専攻。帰国後、宗教大学(現、大正大学)教授となり、仏教梵語を教え、多くの弟子を養成した。『梵文瑜伽師地論菩薩地(ぼんぶんゆがしじろんぼさつじ)』『梵文称友(しょうゆう)造 阿毘達磨倶舎論疏(あびだつまくしゃろんしょ)』をはじめ数多くの著書を刊行し、とくに『漢訳対照梵和大辞典』の編纂(へんさん)に努力したが、生前には完結せず、1978年(昭和53)完全な形で刊行された。[石上善應]
『『荻原雲来文集』増補版(1972・山喜房仏書林)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

荻原雲来の関連キーワード神林 隆浄荻原 雲来神林隆浄

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android