コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池一雄 きくちかずお

3件 の用語解説(菊池一雄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菊池一雄
きくちかずお

[生]1908.5.3. 京都
[没]1985.4.30. 東京
彫刻家。父の契月,祖父の芳文はともに著名な日本画家。第一高等学校在学中から藤川勇造に師事し,29年から二科技塾で塑像を学ぶ。 32年東京大学文学部美学美術史学科卒業。 36年渡仏し C.デスピオに師事する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池一雄 きくち-かずお

1908-1985 昭和時代の彫刻家。
明治41年5月3日生まれ。菊池契月の長男。藤川勇造に師事。昭和11年フランスにわたり,デスピオにまなぶ。14年帰国,16年新制作派協会会員。24年「青年像」で第1回毎日美術賞。27-51年東京芸大教授。昭和60年4月30日死去。76歳。京都出身。東京帝大卒。作品はほかに「原爆の子」「平和の群像」。著作に「ロダン」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菊池一雄
きくちかずお
(1908―1985)

彫刻家。日本画家菊池契月(けいげつ)の長男として京都市に生まれる。1926年(大正15)上京して第一高等学校に入学、彫刻を志して藤川勇造に師事し、29年(昭和4)から新設の二科技塾で彫塑を学び、東京大学文学部で美術史を学んだ。第17回二科展に『カリスト君』『トルソ』が初入選、36年渡欧、デスピオに師事し、37年『ギリシヤの男』をパリのサロンに出品した。41年新制作派協会会員となり、48年(昭和23)毎日美術賞を受賞。52~76年東京芸術大学教授を務めた。代表作に『青年像』『原爆の子』などがある。[三木多聞]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菊池一雄の関連キーワード奥田勝武井直也彫刻家川村吾蔵木下繁昆野恒笹村草家人瀬戸剛中島快彦林是

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone