コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萬鉄五郎 よろず てつごろう

2件 の用語解説(萬鉄五郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

萬鉄五郎 よろず-てつごろう

1885-1927 明治-大正時代の洋画家。
明治18年11月17日生まれ。東京美術学校(現東京芸大)の卒業制作に,日本のフォービスムの先駆的作品となる「裸体美人」をえがき話題をよぶ。大正6年二科展にはキュビスム的作風の「もたれて立つ人」を発表。10年ごろから文人画に傾倒した。11年春陽会創立に参加,翌年円鳥会を結成。昭和2年5月1日死去。43歳。岩手県出身。
【格言など】画家は明日を憂えてはいけない。今日,今,最も忠実でなくてはいけない(信条)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

萬鉄五郎
よろずてつごろう
(1885―1927)

洋画家。明治18年11月17日岩手県に生まれる。18歳で上京し、早稲田(わせだ)高等学院に在学中、白馬(はくば)会菊坂洋画研究所で長原孝太郎にデッサンを習う。1906年(明治39)宗活(そうかつ)禅師に従って渡米し、翌年帰国して東京美術学校西洋画科に入学する。級友らとアブサント会を結成し、後期印象派やフォービスムの影響を早くも反映。美校卒業の1912年(大正1)9月にはフュウザン会の結成に参加する。やがて独自の解釈によるキュビスム傾向に進み、二科展や院展洋画部に出品。1919年二科会会友となるが、1922年春陽会の創立に参加、また同年個展に水墨南画を発表する。翌年円鳥会を組織。その芸術は晩期において一種東洋的な表現主義へと統合されていく。昭和2年5月1日没。代表作に『裸体美人』『雲のある自画像』『もたれて立つ人』『木の間風景』『ほほ杖(づえ)の人』『枯れた花の静物』などがある。[小倉忠夫]
『萬鉄五郎著『鉄人画論』(1968・中央公論美術出版) ▽陰里鉄郎編『近代の美術29 萬鉄五郎』(1975・至文堂) ▽陰里鉄郎他著『現代日本美術全集18 萬鉄五郎他』(1974・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

萬鉄五郎の関連キーワード万鉄五郎石原白道川上涼花小山三造鶴賀鶴吉(5代)中川八郎福田たね間部時雄柳敬助山内愚仙

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

萬鉄五郎の関連情報