コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛切り クズキリ

4件 の用語解説(葛切りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くず‐きり【葛切り】

葛粉を水で溶き加熱して固めたものを、細長く切ったもの。糖蜜をかけて食べることが多い。 夏》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

くずきり【葛切り】

くず粉を水溶きして煮詰め、平らに冷やし固めて細長く切ったもの。冷やして黒みつをかけて食べる。また、乾燥させたものをもどして鍋料理などに用いる。◇普及品にはくず粉の代用としてじゃがいもなどのでんぷんを用いたものもある。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くずきり【葛切り】

葛粉を水にとき煮冷まして固め、細く切ったもの。黒砂糖の蜜みつをかけて食べる。 [季] 夏。 《 -の井のすゞしさを掬ふごとし /大野林火 》

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

葛切り
くずきり

葛粉に砂糖、湯を加えてこね、麺(めん)棒で薄く延ばし、うどんのように細く切ってゆで上げたもので、本来は料理に用いられた。京都市祇園(ぎおん)にある鍵善(かぎぜん)の葛切りが高名である。鍵善はこれを吉野葛でつくり、螺鈿(らでん)を施した漆の容器に入れ、白蜜(しろみつ)か黒蜜を添えて供している。幕末のころは葛切りを岡(おか)持ちに入れて出前したというが、その名残(なごり)をいまにとどめているところが京都らしい風趣である。なお、葛切りに似た葛そうめんは、練った葛料を、数個の穴をあけた柄杓(ひしゃく)に流し込み、底から糸状に垂れてくるのを熱湯でゆで上げ、数回水にさらす。澄まし汁の具に用いられる。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の葛切りの言及

【葛餅】より

…現在の葛餅は,ふつう葛粉,生麩(しようふ)粉,小麦粉を等分に配して水でこね,一晩ねかせたあと木枠に流し入れて蒸し,これを適宜に切って糖みつときな粉で食べるもので,東京の亀戸天神,本門寺,神奈川県の川崎大師(平間(へいげん)寺)などの名物になっている。なお,葛粉だけでつくって細く切ったものを葛切りと呼び,葛粉に砂糖を加えて練ったものであんを包んだものが葛まんじゅう,それをサクラの葉で包んだものが葛桜である。【鈴木 晋一】。…

※「葛切り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

葛切りの関連キーワード葛餡黒蜜琥珀糖吉野煮水溶きくず餅吉野酢雲片葛焼き水晶煮

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

葛切りの関連情報