素甘(読み)すあま

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

すあま【素甘】

和菓子の一種。糝粉(しんこ)を水でこねて蒸し、砂糖を加えて搗(つ)いたもの。巻きすで巻いて、外側にぎざぎざの筋をつけて棒状に形をととのえ、切り分ける。砂糖を初めから糝粉に混ぜる作り方もある。薄紅色または白のものが多い。平たい卵形に紅白対で作ったものを「鶴の子餅(もち)」といい、祝い事に用いる。◇「寿甘」と書くこともある。また、菓子の「州浜」をいうこともある。⇒州浜

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

すあま【素甘】

蒸した粳うるちに白砂糖を入れて作った餅菓子もちがし

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

素甘
すあま

寿甘とも書く。餅(もち)菓子の一種。本来は洲浜(すはま)で、素甘はその音便がなまったもの。江戸末期に関東ではやった餅菓子。ほのかに甘いだけの餅菓子という意味で素甘とよばれてきた。上新粉をよくふるい、砂糖を加え、水でこねて蒸したうえ、搗(つ)き上げる。固くなりにくい餅として重宝された。形を鶴(つる)の卵風にして紅白にしたものが祝儀菓子(式菓子)に用いられてきた。寿甘の文字をあてたのはこれによる。また表面を食紅で染め、竹すだれで巻いて棹物(さおもの)にしたものは、小口から切って、大福餅などとともに餅菓子屋に並べられた庶民的な菓子の一つである。
 このほか、表面を青粉で染め、竹すだれの節目をつけた木賊(とくさ)素甘、紅白の餅を重ねて巻いた木目(もくめ)素甘などもつくられたが、これは今日ではあまりみられない。また表面を紅で染めた素甘を、半分に割った青竹5本で縛ったものは、切り口が梅の花形になり、紅梅餅といわれた。これには洲浜型の応用がみられ、やはり祝い菓子に用いられた。[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

素甘の関連情報