柏餅(読み)かしわもち

日本大百科全書(ニッポニカ)「柏餅」の解説

柏餅
かしわもち

餅菓子一種楕円(だえん)形扁平状の新粉餅でみそ餡(あん)や小豆(あずき)餡をくるみ、二つ折りにしてカシワの葉で包み蒸した端午節供には粽(ちまき)とともに供物(くもつ)に用いる。江戸時代は、東海道白須賀宿(しらすかしゅく)と二川宿(ともに静岡県)の中間馬場(さるがばば)の茶店に、名物の餅があった。『万葉集』に「家にあれば笥(け)に盛る飯を草枕(くさまくら)旅にしあれば椎(しい)の葉に盛る」とあるが、古代は堅い葉が簡便な食器として使われた。ツバキ、ササ、サクラ、カジ、カキ、ナラの葉なども用いられている。とくに「かしは」が葉椀(くぼて)、葉盤(ひらで)の類とされ、膳夫(かしわで)がそれをつかさどる人とされたのは、カシワの葉がしなやかで、食べ物を盛るのにはもっとも都合がよかったからである。しかし柏餅の記録は椿餅(つばきもち)ほど古くない。推定されているところでは中世以降で、端午の節供に柏餅を食べる慣習は、江戸時代初期からである。1680年(延宝8)の『俳諧向之岡(はいかいむこうのおか)』には、柏餅にちなんで「餅なりけふ世人はをみがく玉がしは」としゃれた一句が収載されている。一方『天正(てんしょう)日記』の7月23日に「五郎兵衛嬶(かかあ)、かしはもちくれる」とあり、この菓子が端午の節供以外にもつくられたことがわかる。また、お盆の供物に使う地方もある。

 男子の節供である5月5日に柏餅が使われたのは、夏の新葉が出るころに古い葉が落ちる、つまり跡継ぎができたという意味で一家繁栄を祈り、祝う心情がこめられている。中身の餅に小豆餡を入れるのは室町時代のまんじゅう以後のことだが、みそ餡のほうは、原型を平安時代の花びら餅までたどることができる。さらに古い形は奈良時代の伏兎(ふと)(唐菓子飳(ふと))であった。その花びら餅に似ている柏餅の形が、前記のように判じ物的な江戸川柳(せんりゅう)をつくらせたのである。

[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「柏餅」の解説

柏餅【かしわもち】

江戸中期ごろから端午の節供餅として作られるようになった。現在では【しん】粉(しんこ)を練り,アズキ餡(あん)をはさんで二つ折りにして蒸し,さめてから湯通ししたカシワの葉などで包む。みそ餡のものもある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「柏餅」の解説

柏餅
かしわもち

餅菓子の一種。米の粉を練り,小豆あんまたは味噌あんを入れて2つ折りにし,柏の葉に包んで蒸したもの。柏の葉は古来食器や菓子器として使われていた。奈良朝時代に唐菓子の一つとして伝来した。一般的になったのは室町時代の末期 (15世紀) から。端午の節供にちまきとともに供えられるようになったのは江戸時代中頃といわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典「柏餅」の解説

かしわもち【柏餅】

和菓子の一種。上新粉で作った平たい楕円(だえん)形の餅(もち)を二つ折りにして挟み込むようにあずきあんやみそあんをくるみ、かしわの葉に包んで蒸したもの。5月5日の端午(たんご)節句に供える。◇かしわの木は、新芽が出るまで古い葉が落ちずに残っていることから、子孫繁栄の願いを込めたものとされる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「柏餅」の解説

かしわもち【柏餅】

餅菓子の一種。5月5日の端午の節供に,ちまきとともに供えられる。〈かしわ〉は上古食物を包んだりおおったりした植物の葉の総称で,炊葉(かしぎば)の転じた語とされるが,そうした点で柏餅は古態をとどめる食物といえる。ただし,文献に名が見えるのは浅井了意の《東海道名所記》あたりかららしい。同書では,遠江白須賀から三河二川に至る間の猿が馬場のに,〈柏餅,こゝの名物なり。あづきをつゝミし餅,うらおもて,柏葉にてつゝミたる物也〉としている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android