コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛桜 クズザクラ

4件 の用語解説(葛桜の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くず‐ざくら【葛桜】

葛粉で作った皮であんを包み、桜の葉で巻いたまんじゅう 夏》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

くずざくら【葛桜】

和菓子の一種。塩漬けにした桜の葉でくずまんじゅうをくるんだもの。夏の菓子とされる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くずざくら【葛桜】

桜の葉で包んだ葛饅頭くずまんじゆう[季] 夏。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

葛桜
くずざくら

葛菓子の一種。柏餅(かしわもち)の時期が終わるころから盛夏にかけての、涼味をたたえた淡泊な菓子。製法は葛粉を溶いて砂糖を加え、熱を加えて練り上げる。これを葛練りというが、分量は葛粉40グラム、砂糖150グラム、水120グラムの比率である。生地は少しずつ取り出し、手に水をつけて丸め、楕円(だえん)形に延ばして、漉し餡(こしあん)をくるみ、蒸し器で蒸してからサクラの青い葉で桜餅のように包む。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の葛桜の言及

【葛餅】より

…現在の葛餅は,ふつう葛粉,生麩(しようふ)粉,小麦粉を等分に配して水でこね,一晩ねかせたあと木枠に流し入れて蒸し,これを適宜に切って糖みつときな粉で食べるもので,東京の亀戸天神,本門寺,神奈川県の川崎大師(平間(へいげん)寺)などの名物になっている。なお,葛粉だけでつくって細く切ったものを葛切りと呼び,葛粉に砂糖を加えて練ったものであんを包んだものが葛まんじゅう,それをサクラの葉で包んだものが葛桜である。【鈴木 晋一】。…

※「葛桜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

葛桜の関連キーワード甘露梅葛粽葛饅頭塩物紫蘇巻椿餅和菓子の日久寿餅葛練り/葛煉り桜蒸し

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

葛桜の関連情報