コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛桜 クズザクラ

デジタル大辞泉の解説

くず‐ざくら【葛桜】

葛粉で作った皮であんを包み、桜の葉で巻いたまんじゅう 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

くずざくら【葛桜】

和菓子の一種塩漬けにした桜の葉でくずまんじゅうをくるんだもの。夏の菓子とされる。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

くずざくら【葛桜】

桜の葉で包んだ葛饅頭くずまんじゆう[季] 夏。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

葛桜
くずざくら

葛菓子の一種。柏餅(かしわもち)の時期が終わるころから盛夏にかけての、涼味をたたえた淡泊な菓子。製法は葛粉を溶いて砂糖を加え、熱を加えて練り上げる。これを葛練りというが、分量は葛粉40グラム、砂糖150グラム、水120グラムの比率である。生地は少しずつ取り出し、手に水をつけて丸め、楕円(だえん)形に延ばして、漉し餡(こしあん)をくるみ、蒸し器で蒸してからサクラの青い葉で桜餅のように包む。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の葛桜の言及

【葛餅】より

…現在の葛餅は,ふつう葛粉,生麩(しようふ)粉,小麦粉を等分に配して水でこね,一晩ねかせたあと木枠に流し入れて蒸し,これを適宜に切って糖みつときな粉で食べるもので,東京の亀戸天神,本門寺,神奈川県の川崎大師(平間(へいげん)寺)などの名物になっている。なお,葛粉だけでつくって細く切ったものを葛切りと呼び,葛粉に砂糖を加えて練ったものであんを包んだものが葛まんじゅう,それをサクラの葉で包んだものが葛桜である。【鈴木 晋一】。…

※「葛桜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

葛桜の関連キーワード和菓子葛菓子餅菓子史生

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

葛桜の関連情報