コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蕨餅 わらびもち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蕨餅
わらびもち

餅菓子の一つ。わらびの根からとったデンプンを水に溶き,とろ火にかけて練ったのち,ちぎって蒸したもので,黄粉をつけて食べることが多い。春の節菓子で,奈良の名物。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

わらび‐もち【×蕨餅】

蕨粉に水と砂糖を加えて練り、冷やし固めた餅。黄な粉をまぶして食べる。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

わらびもち【蕨餅】

和菓子の一種。わらび粉(わらびの根から取ったでんぷん)に水・砂糖を加え、火にかけて透明になるまでかき混ぜ、型に流し入れて冷やし固めたもの。適宜に切って、黒みつやきな粉をかけて食べる。◇わらび粉の生産量は非常に少なく、さつまいものでんぷんで代用することが多い。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

蕨餅の関連キーワードワラビ(蕨)餅菓子岡大夫岡太夫葛餅

蕨餅の関連情報