コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒲寿庚 ほじゅこうPu Shou-geng; P`u Shou-kêng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蒲寿庚
ほじゅこう
Pu Shou-geng; P`u Shou-kêng

中国,南宋末から元初にかけて南海貿易に勢力をもっていたアラビア (あるいはペルシア) 人。6代の祖蒲孟宗が四川から広州に移り,宋の神宗の尚書左丞となって以来の名家で,父の蒲仁賓の代に泉州に移住。蒲寿庚は海上貿易で巨富を得,南宋の理宗のとき泉州の貿易事務を管理する長官提挙市舶を長くつとめ,咸淳 10 (1274) 年海賊を兄とともに平らげ,福建安撫,沿海都制置使を加授された。南宋軍の船舶,軍資の強制徴発を怒り,至元 13 (76) 年元に下り,南宋討平に大功を立て,同 15年福建行省中書左丞を拝命したが,その後の消息は不明。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

蒲寿庚【ほじゅこう】

中国,宋末〜元初,泉州で活躍した豪商生没年不詳。家系はアラブ人またはペルシア人で,イスラム教徒であった。父祖の代から中国で貿易に従事,1245年ごろ宋朝より提挙市舶(市舶司)に任ぜられ,貿易事務を管理。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほじゅこう【蒲寿庚 Pú Shòu gēng】

中国,南宋末から元初(13世紀後半),泉州で活躍した大貿易家。生没年不詳。家系はアラブ人またはペルシア人で,イスラム教徒であった。6代前の先祖蒲孟宗は四川から広州に移り,1071年(熙寧4)には翰林学士となり,82年(元豊5)尚書左丞となって宰相の列に加わった。蒲寿庚の父の任賓の代に泉州に移る。寿庚はその第3子。当時政府が推進,奨励した海上貿易で巨富を蓄え,名望家となった。1245‐46年(淳祐5‐6)ころ泉州の提挙市舶(しはく)という貿易監督官に就任し,以後約30年間その要職に任じた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほじゅこう【蒲寿庚】

中国、南宋末・元初の南海貿易家。イスラム教徒でアラビア人ともペルシャ人ともいう。泉州の提挙市舶司となる。のちに元に降り、その南海政策に協力。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蒲寿庚
ほじゅこう

生没年不詳。中国、南宋(なんそう)末に、30年にわたって泉州の提挙市舶(しはく)の職にあった西域(せいいき)人のイスラム教徒。その父蒲開宗のとき広州より泉州に移住した。その兄蒲寿(ほじゅせい)とともに官憲に協力し、泉州を襲った海賊を撃退した功により1245~46年ころ提挙市舶となる。南海貿易に関する課税、公買、統制を総括する市舶司の長官である提挙市舶は、官職に伴う多大の役得を得た。市舶司の官吏は自己の代理人に私財を委託し、南海貿易船に便乗して取引に従事させ、収益を一定率で分配する協業を広く行った。蒲氏兄弟はこの公私にわたる営利により財を積み、地方勢力を形成した。福建において大勢の挽回(ばんかい)を図る南宋と、東南の平定を目ざす元(げん)は、ともに蒲氏兄弟の助力を期待したが、蒲寿庚は後者に加担し、元の制覇に貢献した。さらに元の世祖フビライ(在位1260~94)の命を奉じて南海諸国に通貢を勧める使者を派遣し、若干の成果をあげている。[佐藤圭四郎]
『桑原隲蔵著『蒲寿庚の事蹟』(1935・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

蒲寿庚の関連キーワード桑原隲蔵(くわばらじつぞう)宋の時代(年表)桑原 隲蔵提挙市舶司アラビア人ペルシャ桑原隲蔵日宋貿易