コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒲桃 フトモモ

デジタル大辞泉の解説

ふと‐もも【蒲桃】

フトモモ科の常緑小高木。葉は細長く、革質つやがある。3、4月ごろ、白い4弁花を開き、黄白色の雄しべが多数のびる。実は卵形球形などをし、白や黄色で香りがあり、生食のほかジャム・酒などに利用。熱帯アジアの原産

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふともも【蒲桃】

フトモモ科の常緑小高木。東南アジア原産。葉は披針形で質が厚い。花は白色の四弁花で、雄しべは長く数が多い。液果は径2.5~5センチメートルの球形で、食用になる。花は観賞用。ローズ-アップル。ホトウ。

ほとう【蒲桃】

植物ブドウの異名。
植物フトモモの漢名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蒲桃 (ブドウ・ホトウ)

学名:Vitis vinifera
植物。ブドウ科の落葉つる性植物,園芸植物,薬用植物

蒲桃 (フトモモ・ホトウ)

学名:Syzygium Jambos
植物。フトモモ科の常緑高木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

蒲桃の関連キーワード披針形漢名異名

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android