コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘲る アザケル

デジタル大辞泉の解説

あざけ・る【嘲る】

[動ラ五(四)]
ばかにして悪く言ったり笑ったりする。「人の失敗を―・る」
風月に心ひかれて声を上げて詩歌を吟じる。
「月に―・り、風にあざむくこと絶えず」〈後拾遺・序〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あざける【嘲る】

( 動五[四] )
人を軽蔑して悪く言ったり笑ったりする。 「陰で-・る」 「人の無知を-・る」
大きな声を出して言う。また、詩歌を吟ずる。 「一人の侍女忽たちまちに狂ひて哭き-・る/今昔 20

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

嘲るの関連キーワード猫と鼠の殺人平林 たい子平林たい子風月拾遺局促詩歌

嘲るの関連情報