コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京都五山 キョウトゴサン

百科事典マイペディアの解説

京都五山【きょうとござん】

京都所在の臨済宗五大寺の称。1334年後醍醐天皇鎌倉五山を京都中心に改め,南禅寺を筆頭に格づけを行った。のち種々の変遷を経て,1386年天竜寺相国寺建仁寺東福寺万寿寺の五寺が決定され,別に南禅寺を首格,大徳寺を次とした。
→関連項目五山蔗軒日録

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうとござん【京都五山】

鎌倉五山に対し,京都にある臨済宗の大禅刹,すなわち南禅寺・天竜寺・相国(しようこく)寺・建仁寺・東福寺・万寿寺をいう。中国南宋代の五山官寺制度が,日本に移植されたのは鎌倉時代末期のことで,はじめは建長寺・円覚寺など鎌倉の大禅刹をもって五山としていた。建武新政のあと,1333年(元弘3)後醍醐天皇の帰依厚かった宗峰妙超の大徳寺が五山に列せられ,翌年には大覚寺統と深い関係にあった南禅寺が,五山の第1に位列され,京都に五山禅院が出現した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きょうとごさん【京都五山】

京都にある臨済宗の五大寺。数度の改変を経て、1386年、足利義満によって、別格南禅寺、第一天竜寺、第二相国寺、第三建仁寺、第四東福寺、第五万寿寺の序列が決定された。京五山。 → 鎌倉かまくら五山

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

京都五山
きょうとござん

京都にある禅宗の五大官寺。(1)天竜寺、(2)相国寺(しょうこくじ)、(3)建仁寺、(4)東福寺、(5)万寿寺の5か寺。時期により該当する寺院や位次に変更がある。また五山の上位として南禅寺が置かれた。[石川力山]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の京都五山の言及

【鎌倉五山】より

…鎌倉にある臨済宗の五大禅刹,すなわち建長寺円覚寺,寿福寺,浄智寺,浄妙寺をいい,京都五山に対する。中国南宋代の五山官寺制度が,日本に移植されたのは鎌倉時代末期のことで,1299年(正安1)執権北条貞時が浄智寺を五山に列したのが史料上の初見である。…

【五山・十刹・諸山】より

…後醍醐天皇も五山改定を行い,1333年(元弘3)に大徳寺を五山の一つとなし,翌年正月26日に南禅寺を五山第一と定め,2日後には南禅・大徳両寺を同格とし,建武年間には建仁寺や東福寺も五山となっている。足利尊氏が夢窓疎石を開山に天竜寺を創建すると,41年(興国2∥暦応4)足利直義は光厳上皇の院宣を得て,五山第一建長・南禅,第二円覚・天竜,第三寿福,第四建仁,第五東福,準五山浄智と各寺を定め,82年(弘和2∥永徳2)足利義満の相国寺創建がなると,86年(元中3∥至徳3)に五山之上南禅寺,第一天竜・建長,第二相国・円覚,第三建仁・寿福,第四東福・浄智,第五万寿・浄妙と京都五山を優位とする11ヵ寺を設定し,これが後世の五山位の基準となっている。 十刹は1334年(建武1)に五山となるまでの南禅寺が十刹位で,それが初見であり,建武年間には浄妙寺や豊後万寿寺が十刹に列せられている。…

【東福寺】より

…開基は九条道家,開山は円爾弁円(えんにべんえん)(聖一(しよういち)国師)。京都五山の一つ。1236年(嘉禎2)関白九条道家は法性(ほつしよう)寺の近隣,月輪(つきのわ)の山荘に一寺の建立を発願し,39年(延応1)には仏殿建立に着手した。…

※「京都五山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

京都五山の関連キーワード南禅寺境内朝山意林庵五山・十刹雪村友梅薩南学派南浦紹明桂庵玄樹玉畹梵芳短冊切り五山文学五山版詩画軸京五山蔭涼軒祥啓円相長老真芸

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

京都五山の関連情報