コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太閤蔵入地 たいこうくらいりち

百科事典マイペディアの解説

太閤蔵入地【たいこうくらいりち】

豊臣(とよとみ)氏直轄領のこと。当初は軍勢兵糧米を確保する意図であったが,のちには財政基盤の安定や,大名への統制の必要から,経済・交通の要所や主要都市,鉱山,また大名領内などにも設定されるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいこうくらいりち【太閤蔵入地】

豊臣氏直轄領をいう。その全貌は〈慶長三年蔵納目録〉によって概観できる。この統計によれば,山城以下35ヵ国に設置された蔵入地と諸国金銀山の運上および諸役運上金銀と地子から構成されていたが,蔵入地の総額は20万7519石余で,この蔵入高は江戸幕府初政のそれにほぼ見合うものといわれる。次に鉱山の運上は金3397枚余,銀7万9415枚余,諸役運上は金1002枚,銀1万3950枚という膨大なものであった。蔵入地設定地域の分析によれば,摂津,河内,大和,山城,近江,尾張,美濃,伊勢,越前,播磨,若狭,丹波,紀伊,淡路の蔵入高で全体の70%を占め,しかもこれら諸国は海道の要衝を扼(やく)する国々で,豊臣氏が畿内近国を基盤として樹立された統一政権であることを如実に示しているとされる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の太閤蔵入地の言及

【太閤検地】より

…石高制は,分業関係を内包した社会的総生産力を量的に把握するもので,この点,同じく高に結ぶといっても,軍役基準や年貢量を表示するにすぎない貫高制と大きく異なっている。 検地の施行とともに太閤蔵入地が設定された。最初は各地の出城の周辺部に置かれ,城を預かる武将の管理にゆだねられ,戦争の際の兵粮米(ひようろうまい)のために備蓄されていたが,のちに大名領国の内部にも設けられるようになった。…

※「太閤蔵入地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

太閤蔵入地の関連キーワード文禄・慶長の役芦浦観音寺跡関ヶ原の戦西国筋郡代秋田(県)片桐且元宇和島藩秋田実季とよとみ豊後国福岡藩弘前藩豊臣預所天領

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android