コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔵王温泉 ざおうおんせん

4件 の用語解説(蔵王温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蔵王温泉
ざおうおんせん

山形県山形市南東部にある温泉。蔵王山の西麓,標高約 900mに位置する。古くから奥羽三高湯一つとして有名。泉質は,含硫化水素強酸性明礬泉。泉温 45℃。自噴の温泉は豊富。夏は近郊からの湯治客が多く,冬季はスキー場の基地として宿泊客が集る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ざおう‐おんせん〔ザワウヲンセン〕【蔵王温泉】

山形市南東部、蔵王山の中腹にある温泉。泉質は含鉄泉含アルミニウム泉硫黄泉酸性泉など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔山形県〕蔵王温泉(ざおうおんせん)


山形市南東部、蔵王山の北西山腹にある国民保養温泉最上高湯(もがみたかゆ)ともよばれた奥州三高湯の一つ。蔵王国定公園の西の玄関口で、登山・スキー・樹氷見物などの観光基地。国民宿舎ユースホステルがある。温泉街からロープウエースカイケーブルが通じる。酸性-含鉄(II+III)・硫黄-アルミニウム硫酸塩泉。泉温65.4℃。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蔵王温泉
ざおうおんせん

山形県東部、山形市にある国民保養温泉地。蔵王連峰の北西中腹の標高約920メートルに湧出(ゆうしゅつ)し、湯量は県内一である。古くは酸川湯(すかわゆ)、高湯(たかゆ)といい、『三代実録』には酸川温泉神社の記載がある。白布(しらぶ)、信夫(しのぶ)とともに奥羽三高湯と称した。近年、蔵王山観光の基地として急速に発展している。泉質は硫黄泉。山形駅よりバス便がある。[中川 重]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蔵王温泉の関連キーワード蔵王[温泉]山形県山形市表蔵王山形県山形市蔵王飯田山形県山形市蔵王上野山形県山形市蔵王温泉山形県山形市蔵王成沢山形県山形市蔵王野際山形県山形市蔵王半郷山形県山形市蔵王美原山形県山形市蔵王山田

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蔵王温泉の関連情報