コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬浴 やくよく

5件 の用語解説(薬浴の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薬浴
やくよく

家畜の病気の治療や予防のために薬剤を溶かした湯や水で沐浴させること。羊の薬浴はおもに外部寄生虫を駆除する目的で,剪毛後 20~30日,剪毛傷がなおった頃にヒ素,硫黄を主体とする薬剤を用いて行う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やく‐よく【薬浴】

薬剤を入れて行う温浴。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

やくよく【薬浴 dipping】

畜産用語。消毒,殺菌,駆虫などの目的で,動物の体全部または体の一部を薬剤液のなかにつけること。たとえば,動物固有の毛皮を利用するために飼われている家畜では,その被毛に寄生する病原を取り除かなくてはならない。また,ヒツジは羊毛生産をする貴重な家畜であるが,その体表を覆っている羊毛を刈りとった後で疥癬(かいせん)が接触感染を起こすことがある。このダニの感染で皮膚の表層に刺激を与え,かんだり,こすったり,皮膚が不正となり被毛が損害を受ける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

やくよく【薬浴】

( 名 ) スル
薬剤を入れた湯に入ること。主に皮膚病の治療に用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

薬浴
やくよく

医薬品を溶液とし、あるいは生薬(しょうやく)を煎剤(せんざい)として、これを全身または局所の浴用に供することをいう。水虫の治療にクレゾールせっけん液0.05~0.1%溶液をもって局所の浴用とする例や慢性湿疹(しっしん)や疥癬(かいせん)などに硫黄(いおう)浴が用いられるほか、消炎およびかゆみどめの目的で用いられるカミツレ浴などがある。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薬浴の関連キーワード殺菌料日光消毒塩素殺菌塩素消毒ガス燻蒸γ線殺菌殺菌乳紫外線殺菌蒸気消毒放射線照射

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

薬浴の関連情報