コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分裂植物 ぶんれつしょくぶつschizophyte

4件 の用語解説(分裂植物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分裂植物
ぶんれつしょくぶつ
schizophyte

有性生殖をせずに細胞分裂によってふえる植物という意味で,具体的には,核膜で境された核をもたない原核生物,すなわち細菌および藍藻類に一致する。 19世紀末から 20世紀にかけて一般的になった H.エングラーの植物分類体系における分類区分の一つとして普及したが,現在はあまり用いられない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんれつしょくぶつ【分裂植物 Schizophyta】

無核で,体の2分裂により繁殖する植物の総称。エングラーG.H.A.Englerが設定した用語で(1892),ラン藻(分裂藻)と細菌(分裂菌)がこれに属する。細胞の構造から見れば,この群は核が未分化で,ミトコンドリアや葉緑体を有せず,原核生物としてまとめられるものであるが,進化の段階が同程度の植物群を集めたもので,自然分類群ではない。【西田 誠】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんれつしょくぶつ【分裂植物】

生殖法が主に分裂によっている植物の総称。細菌類と藍藻らんそう類とをまとめた群。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

分裂植物
ぶんれつしょくぶつ

細胞壁はもつが核膜で囲まれた核がなく、有性生殖もみられない植物をいう。しかし、今日ではあまりこの語は用いられない。かつてはクロロフィルの有無によって分裂藻類、分裂菌類に分類したが、現在では、それぞれ藍藻(らんそう)植物、原核菌類と別の生物群に分けられる。いずれも体制が単純で、色素体や核などの細胞内器官は分化せず、増殖は二分裂法による。[杉山明子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone