コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤井日達 ふじい にったつ

3件 の用語解説(藤井日達の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤井日達 ふじい-にったつ

1885-1985 大正-昭和時代の僧。
明治18年8月6日生まれ。大正6年皇居前でうちわ太鼓をたたき法華経(ほけきょう)の題目をとなえて,衆生教化の布教をはじめる。日本山妙法寺を中国,日本各地にひらく。昭和8年インドガンジーにあい,その非暴力主義に共鳴。戦後,各地に仏舎利塔をたて,平和運動をすすめた。昭和60年1月9日死去。99歳。熊本県出身。日蓮宗大学林(現立正大)卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤井日達
ふじいにったつ
(1885―1985)

宗教家。日蓮(にちれん)系の教団日本山妙法寺大僧伽(にほんざんみょうほうじだいそうが)の山主(さんしゅ)。熊本県の農家に生まれる。日蓮宗大学(現立正(りっしょう)大学)を卒業後、京都と奈良で各宗の宗学を学んだ。1914年(大正3)滋賀県堅田(かただ)に聞法(もんぼう)教会所を開き、16年、奈良県の桃尾(もものお)の滝に打たれて7日間の断食(だんじき)修行をして、団扇(うちわ)太鼓をたたいて『法華経(ほけきょう)』の題目を宣布する「撃鼓宣令(きゃっくせんりょう)」、全世界の人々に妙法を広め帰依(きえ)させる「四海帰妙(しかいきみょう)」の誓願(せいがん)をたてた。翌年皇居前で玄題旗を立て、団扇太鼓を鳴らして7日間の化他行(けたぎょう)を修めて、「日本山妙法寺」を開いた。また、西天開教(さいてんかいきょう)を志して大陸に渡り、19年中国東北地方遼陽(りょうよう)に最初の妙法寺を開設した。23年関東大震災を機に帰国し、翌年静岡県富士郡に国内最初の妙法寺を建て、各地で布教した。30年(昭和5)単身インドに赴き、インド各地とセイロン(現スリランカ)で布教して、反英独立運動との結び付きを深めた。33年ガンディーと会見し非暴力主義の深い影響を受けた。第二次世界大戦後は民族主義と絶対平和主義にたつ教義を展開し、各地に仏舎利(ぶっしゃり)塔を建て、平和運動の実践に挺身(ていしん)した。[村上重良]
『藤井日達著『毒鼓』(1961・早稲田書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の藤井日達の言及

【日本山妙法寺】より

…日蓮系の宗派であり,これによって建立された諸寺共通の名称でもある。この派の指導者藤井日達(1885‐1985)は,1917年弘通(ぐづう)を始め,18年中国の遼陽に最初の日本山妙法寺を開き,以後中国各地および日本国内にも諸寺を建立,いずれも日本山妙法寺と称した。日本では,24年静岡県田子ノ浦に開創したのが最初である。…

※「藤井日達」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

藤井日達の関連キーワード朝鮮映画皮革工業指紋押捺制度世界女性会議グロムイコ角閃石黒雲母花崗岩有村明松本典子セラミック・ターボチャジャー鉱山災害

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone