藤本真澄(読み)ふじもと さねずみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤本真澄 ふじもと-さねずみ

1910-1979 昭和時代の映画プロデューサー。
明治43年7月15日生まれ。昭和12年PCL(現東宝)にはいる。戦後辞職して藤本プロダクションをつくり,「青い山脈」を大ヒットさせ,のち東宝に復帰し取締役,副社長となった。作品はほかに「若大将」シリーズなど。昭和54年5月2日死去。68歳。山口県出身。慶応義塾高等部卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふじもとさねずみ【藤本真澄】

1910‐79(明治43‐昭和54)
映画製作者。中国遼寧省の旅順(現,大連市)生れ。五所平之助監督《あこがれ》(1935)の脚本を書いて映画界入り。1937年,森岩雄の誘いをうけてPCL(東宝の前身)に入社してプロデューサーを志し,38年にできた東宝映画本社の企画部に入り,撮影所の助監督の仕事を経験したのち,41年に東宝の支配下に入った南旺映画に出向して今井正監督《結婚の生態》(1941)を製作し,東宝での第1作として島津保次郎監督《母の地図》(1942)を製作した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の藤本真澄の言及

【青い山脈】より

…挿入曲《恋のアマリリス》や,女学生たちが自転車に乗ってさわやかに走るシーンに流れる同名主題歌も(今井正監督はこの主題歌を毛ぎらいしていたといわれるが)大流行した。東宝争議で中断していた映画化を自分のプロダクションで完成させた藤本真澄は,この成功で東宝の〈青春映画路線〉を確立。なお,その後この原作は東宝(1957),日活(1963),東宝(1975)で3度映画化されている。…

※「藤本真澄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤本真澄の関連情報