コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東宝争議(読み)とうほうそうぎ

百科事典マイペディアの解説

東宝争議【とうほうそうぎ】

1948年東宝映画会社で起きた争議。同年4月会社は赤字と共産主義者の二つの〈赤〉を追放するとして1200名の解雇を発表。従業員は産別系の日本映画演劇労働組合日映演)を中心に争議に入った。8月東京地裁の仮処分決定に基づき,米軍戦車7台,航空機3機,騎兵1中隊の護衛下に武装警官2000名が出動,組合による砧撮影所占有を解除。10月争議は解決し組合側の敗北に終わった。
→関連項目山本薩夫

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうほうそうぎ【東宝争議】

太平洋戦争敗戦直後のアメリカ軍占領下,東宝映画会社と同社砧(きぬた)撮影所を拠点とする日本映画演劇労働組合(日映演)の間に生じた4度の労働争議をいうが,一般にはこのうち1948年4~10月に争われた第3次争議を指す。争点は,人事に関する同意約款などを含んだ団体協約の改訂,および赤字克服のための人員整理をめぐってであったが,会社側の事実上のねらいは,撮影所に強い影響力をもっていた共産党細胞の排除にあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東宝争議
とうほうそうぎ

一般に1948年(昭和23)に発生した東宝株式会社の共産党員など大量解雇反対争議をいう。同社では1946年2~4月にも撮影所、劇場で生産管理闘争が決行され、組合は民主的な団体協約の締結に成功、4月には全日本産業別労働組合会議(産別会議)準備会参加の日本映画演劇労働組合(日映演)の結成の中心になり、日映演東宝支部を組織した。同支部は同年9~10月に待遇改善の要求で50日余の生産管理闘争を行ったが、組合が分裂、第2、第3組合が結成された。48年、会社は経営陣を刷新し、赤字と赤旗の「二つの赤」を追放すると称し、4月16日砧(きぬた)撮影所の270人をはじめ914人を解雇、契約者84人を解除し、6月1日同撮影所を閉鎖した。争議団は世論の支持と友誼(ゆうぎ)団体の応援を得て撮影所を占拠したが、8月19日武装警官1800人、戦車を動員した占領軍兵士の出動で退去を余儀なくされた。争議の長期化で双方疲労し、10月19日組合幹部は自発的に辞表を提出する一方、会社は解雇者の約3分の2を再雇用する条件を出し、195日間に及ぶ争議は解決をみた。[松尾 洋]
『宮森繁著『東宝争議について』(労働運動史研究会編『占領下の労働争議』所収・1972・労働旬報社) ▽伊藤雅一著『霧と砦――東宝大争議の記録』(1965・連合通信社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の東宝争議の言及

【酔いどれ天使】より

…映画音楽を〈対位法〉的にとらえた作曲家早坂文雄(1914‐55)とのコンビ第1作であり,1946年の東宝ニュー・フェイス三船敏郎(1920‐97)とのコンビのスタートとなった作品でもある。この映画が封切られた48年4月に第3次東宝争議が始まり,その結果,会社首脳の卑劣さのため〈撮影所に対する献身的な気持ち〉を失った黒沢は,この映画を最後に東宝を離れた。【柏倉 昌美】。…

※「東宝争議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android