コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森岩雄 もり いわお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森岩雄 もり-いわお

1899-1979 昭和時代の映画製作者。
明治32年2月27日生まれ。昭和8年PCL映画製作所の取締役,12年合併により東宝映画が創立されると製作部門を担当。のち専務,副社長となる。アメリカのプロデューサー方式を導入し,映画産業近代化をもたらした。昭和54年5月14日死去。80歳。神奈川県出身。成蹊実業専門学校中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

もりいわお【森岩雄】

1899‐1978(明治32‐昭和53)
映画製作者。横浜生れ。日本映画に〈プロデューサー・システム〉を導入して,東宝の映画事業の基盤をつくり,また日本の〈アート・シアター〉の命名者,創立者としても知られる。 大正の中期から昭和の初期にかけて外国映画の輸入をし,映画評論や脚本を書き,F.モルナールの《リリオム》の翻案といわれる村田実監督《街の手品師》(1925)のシナリオライターとして,創立10年余りをへて新しい知識と才能を求めていた日活に招かれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の森岩雄の言及

【アート・シアター】より

…これが今日に至るアート・シアター運動の基本的な原理になっている。 日本でも〈市場に恵まれない芸術作品の上映を推し進める〉との趣旨で,川喜多かしこ,ジャーナリスト草壁久四郎,映画監督羽仁進,勅使河原宏らが中心になり,当時東宝の副社長だった森岩雄(かつて,フランスのアバンギャルド映画群を日本に紹介するための〈良い映画を讃める会〉の運動を推進した中心的人物の一人)に働きかけて,〈日本アート・シアター・ギルド(ATG)〉が62年に発足。数年後に,パリに本部のあるCICAEに加盟した。…

【阿部豊】より

…清水宏,伊藤大輔と競作),《足にさはった女》(1926),《彼を繞る五人の女》(1927)で一躍注目され,これらの作品によって岡田時彦を粋な二枚目スターにした。欧米帰りのシナリオ・ライター森岩雄を中心にした〈金曜会〉とともに〈日活現代劇〉のてこ入れに貢献。戦意高揚映画《燃ゆる大空》(1940),《あの旗を撃て》(1944)も撮った。…

【映画】より

…チャップリン,デミル,キャプラ,ルビッチ,フォード,ホークス,ヒッチコック,マンキーウィッツ,ワイルダー等々である。日本ではPCL(東宝の前身)の撮影所長だった森岩雄が,徒弟制度が残っている日本映画の撮影所と製作の合理化のために,初めてプロデューサー制度を採用するが,《映画製作の実際》(1976)の中で,プロデューサー制度の成立ちを次のように説明している。〈初期の映画製作者は何れも小規模な製作会社が企画を定め,資金を用意して映画の製作に当たっていたが,スタッフの中で最も発言力を多く持っていたのは撮影技師であった。…

【日本映画】より


【プロデューサーと路線】
 映画の隆盛にとってはまず映画製作の指揮をとる大プロデューサーの存在が不可欠であり,ことに1950年代の量産時代に各社が打ち出した〈路線〉は,そうしたプロデューサーにより決定された。 東宝では,森岩雄が前身のPCL時代からアメリカ映画のシステムに学んで映画事業経営の合理化・近代化をめざし,プロデューサーの主導権を重視した〈プロデューサー・システム〉を採用,戦後も同じ方針を貫いた。そしてその下から,東宝青春映画路線の基礎をつくった藤本真澄(さねずみ),《ゴジラ》(1954)をはじめとする特撮映画路線をつくった田中友幸らのプロデューサーが育った。…

※「森岩雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

森岩雄の関連キーワード佐藤勉(1)東宝(株)昭和時代藤本真澄ふるさとATG

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android