コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤浪与兵衛(初代) ふじなみ よへえ

2件 の用語解説(藤浪与兵衛(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤浪与兵衛(初代) ふじなみ-よへえ

1829-1906 幕末-明治時代の演劇・舞踊の小道具方。
文政12年10月28日生まれ。江戸市村座の茶番をへて,舞台用小道具の収集と貸し出しをはじめた。維新後,小道具商として独立,東京の各座の小道具を一手にひきうけた。明治39年10月14日死去。78歳。武蔵(むさし)埼玉郡出身。本姓は石塚。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤浪与兵衛(初代)

没年:明治39.10.14(1906)
生年:文政12.10.28(1829.11.24)
歌舞伎小道具業の創立者。武蔵国埼玉郡千疋村(越谷市)の農家石塚勇次郎の3男。嘉永6(1853)年25歳のとき江戸へ出て,浅草猿若町の市村座へ茶番として入る。次いで貸座布団の株を買って商いをし,明治5(1872)年に9代目市川団十郎らの後援を得て小道具業を創始した。甲冑,刀剣,調度品などを収集し,製作に従う職人たちを雇い入れて,新作の活歴物,散切物や演劇改良運動の勃興にもよく対応し,18年には東京の各座へ小道具を一手に提供するようになる。20年の天覧歌舞伎,新しく興った壮士芝居,新派劇,歌劇,新劇へも小道具を賃貸した。代々与兵衛を名乗り,昭和期の4代におよぶ。2代目与兵衛は刀剣の製作,糸瓜細工,張り子の手法の応用にすぐれ,今日に伝えられる名品が多い。3代目与兵衛は鎧の製作,仕掛け物の考案にすぐれ,時代考証に努めて,多様化した商業演劇の興隆に即応した。<参考文献>4代目与兵衛『芝居の小道具』

(藤波隆之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤浪与兵衛(初代)の関連キーワード小道具歌舞伎子歌舞伎役者小道具方小道具屋虫笛小道具付け飯野喜四郎坂本与惣次郎藤浪与兵衛(4代)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone