コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤浪与兵衛 ふじなみよへえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤浪与兵衛
ふじなみよへえ

江戸時代末期以来の演劇小道具の製作,貸出しを専門とする家名。名跡襲名は4世まで。1世は安政年間 (1854~60) の頃から歌舞伎の小道具の貸出しを業とし,明治5 (72) 年に藤浪小道具を創業,藤浪といえば小道具といわれるほどの老舗となった。2世は細工物にへちまを用いる新方法を発明。3世は日本画家・松岡映丘に師事し,のち鎧作りの名手となった。4世は東京大学経済学部卒業。在学中に店を継ぎ,株式会社とした。歌舞伎をはじめ舞台・テレビの小道具製作を広く手がけ,著書に『芝居の小道具-創意と伝承』 (1974) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふじなみよへえ【藤浪与兵衛】

歌舞伎の小道具方。初世(1829‐1906∥文政12‐明治39)は,市村座に勤めるかたわら,小道具の収集・賃貸しを始め,維新後,小道具商として独立した。2世(1865‐1921∥慶応1‐大正10)は,舞台効果を考慮した小道具の改良・創作に努め,歌舞伎以外の小道具にも手を広げた。3世(1891‐1952∥明治24‐昭和27),4世(1926‐75∥昭和1‐50)ともに2世の態度を継承,有職故実などの研究を小道具製作に反映させた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふじなみよへえ【藤浪与兵衛】

(二世)(1865?~1921) 歌舞伎の小道具師。小道具に時代考証を加え、材質などの改良をはかった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤浪与兵衛
ふじなみよへえ

歌舞伎(かぶき)小道具師。4世まである。[松井俊諭]

初世

(1829―1906)埼玉の農家の生まれ。江戸へ出て市村座に勤めるかたわら、俳優に扇子を貸す商売を手始めに、猿若町で小道具の収集と賃貸しを始め、維新後は小道具商として独立、明治中期の写実劇流行の風潮に乗じ多くの小道具を新調、地位を築いた。[松井俊諭]

2世

(1865―1921)初世の子。仕掛物に優れ、舞台効果を考慮した小道具の改良に努力。馬と鎧(よろい)の製作に長じ、ヘチマを使う方法を考案した。[松井俊諭]

3世

(1891―1952)2世の長男。有職(ゆうそく)故実に長じ、実物を模した鎧を製作。歌舞伎以外の演劇小道具にも手を広げ、藤浪小道具株式会社を設立した。[松井俊諭]

4世

(1926―75)3世の長男。本名藤波光夫。東京大学経済学部卒業。父の方針を継承、歌舞伎をはじめ日本芸能の海外公演に貢献した。編著に『小道具藤浪与兵衛』『芝居の小道具――創意と伝承』、遺稿集に『小道具再見』がある。[松井俊諭]
『『芝居の小道具――創意と伝承』(1974・日本放送出版協会) ▽『小道具再見』(1978・日本放送出版協会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の藤浪与兵衛の言及

【小道具】より

…持物は,演技者が役を作りあげていくうえに,また作中の人物になりきる変身のための素材として大切な役割を担っている。 日本における小道具の歴史は,能,狂言,歌舞伎の歩みとともに古いが,たとえば歌舞伎では,俳優の自前や劇場の所有物を用いた時代を経て,小道具が企業として確立したのは,初世藤浪与兵衛(1829‐1906)が,保存,製作,賃貸しを始めた1872年(明治5)である。以来新劇,オペラなどの新しい舞台芸術,映画,テレビの発達とともに,いくつかの専門業者が生まれ,今日にいたっている。…

※「藤浪与兵衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

藤浪与兵衛の関連キーワード藤浪 与兵衛(3代目)藤浪与兵衛(4代)藤浪与兵衛(3代)藤浪与兵衛(2代)3月21日6月9日時代考証2月5日二世

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android