藤間勘右衞門(読み)ふじまかんえもん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤間勘右衞門
ふじまかんえもん

日本舞踊藤間流の一分派の家元名。[如月青子]

初世

(1813―51)もと7世市川団十郎の門弟市川金太郎。2世藤間勘十郎(3世勘兵衛説もある)に入門し振付師となり、1845年(弘化2)藤間勘右衞門を名のる。[如月青子]

2世

(1840―1925)初世の実子。振付師となり、1858年(安政5)2世を襲名。一時期、6世西川扇蔵(せんぞう)を名のったが、旧名に戻る。9世市川団十郎に起用され、明治中期以降振付けの第一人者として名声をはせた。『素襖落(すおうおとし)』『鏡獅子(かがみじし)』『お夏狂乱』など。1917年(大正6)、勘翁(かんおう)と改名。[如月青子]

3世

(1870―1949)2世の養子で1917年(大正6)襲名。のち勘斉(かんさい)と改める。歌舞伎(かぶき)俳優7世松本幸四郎(こうしろう)であり、以降代々歌舞伎俳優と家元を兼ねる。3世は歌舞伎十八番『勧進帳(かんじんちょう)』の弁慶が有名で、『関の扉(せきのと)』の関兵衛、『吉野山(よしのやま)』の忠信なども当り役であった。[如月青子]

4世

(1913―89)3世の三男で、37年(昭和12)襲名。のち2世勘斉となる。歌舞伎俳優名は2世尾上松緑(おのえしょうろく)で、父3世同様の役のほか、歌舞伎公演での『達陀(だったん)』『木六駄(きろくた)』などが知られる。60年門下の若手男性舞踊家たちを率いた「勘右衞門と藤の会」を発足させ、『まつり』をはじめ『弁慶』『鳥獣戯画絵巻(ちょうじゅうぎがえまき)』などの佳作を生んだ。[如月青子]

5世

(1946―87)4世の長男。75年(昭和50)襲名。その披露演目『雪』や『船弁慶』に将来の大成を思わせたが父に先だち夭折(ようせつ)。歌舞伎俳優名は初世尾上辰之助(たつのすけ)(没後、3世尾上松緑を追贈)。[如月青子]

6世

(1975― )5世の長男。父の死により1989年(平成1)、6世を襲名。93年にはその披露の会で大役を踊り、95年に自身の会を発足させた。歌舞伎俳優名、4世尾上松緑。[如月青子]
『尾上松緑著『踊りの心』(1971・毎日新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android