コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤間藤子 ふじまふじこ

3件 の用語解説(藤間藤子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤間藤子
ふじまふじこ

[生]1907.10.31. 東京,本郷
[没]1998.10.14. 東京
日本舞踊家。本名田中君代。 1914年,4世藤間勘右衛門の踊りの師匠であった藤間勘八の養女となり,翌年初舞台を踏む。 17年2世勘右衛門 (勘翁) に入門,26年3世勘右衛門 (1世勘斎) の名取となり,藤子の名を許される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤間藤子 ふじま-ふじこ

1907-1998 大正-平成時代の日本舞踊家。
明治40年10月31日生まれ。養母藤間勘八にまなび,2代藤間勘右衛門に入門。大正15年藤間藤子を名のる。昭和4年より紫紅会を主宰。歌舞伎舞踊の振り付けも手がける。60年人間国宝,62年芸術院会員。平成10年10月14日死去。90歳。東京出身。本名は田中君代。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤間藤子
ふじまふじこ
(1907―1998)

日本舞踊家。本名田中君代。東京に生まれる。養母藤間勘八(かんぱち)から手ほどきを受け、1917年(大正6)2世藤間勘右衞門(かんえもん)に入門。26年3世勘右衞門より藤間藤子の名を許される。『景清(かげきよ)』『北州(ほくしゅう)』など、男の素踊りや御祝儀物を得意とし、また、しなやかな女の踊りにも独特の味わいをみせた。歌舞伎(かぶき)舞踊に精通し、指導にあたると同時に復活物や新作の振付け作品も多い。85年(昭和60)重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。代表的な発表作品に『ふるきよき』『風の法師』がある。[如月青子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤間藤子の関連キーワード吾妻徳穂小倉遊亀青木和夫加藤晨明小島憲之後藤靖関晃野崎貢早川庄八若柳吉駒

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤間藤子の関連情報