コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虚白 きょはく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

虚白 きょはく

1773-1847 江戸時代後期の僧,俳人。
安永2年生まれ。京都の人。近江(おうみ)(滋賀県)土山の常明寺の淡嶺について臨済(りんざい)禅をおさめ,法をつぐ。俳諧(はいかい)を高桑闌更(らんこう)にまなび,煨芋(わいう)軒をむすんで成田蒼虬(そうきゅう),桜井梅室らとまじわる。のち南禅寺,東福寺などの住持をつとめた。弘化(こうか)4年10月26日死去。75歳。僧名は松堂慧喬。別号に蔭涼軒。
【格言など】おほけなき床の錦や散り紅葉(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

虚白の関連キーワード千宗室(11代)阿藤 伯海喜谷 六花志田 素琴大山 公淳針谷夕雲阿藤伯海喜谷六花志田素琴島井宗室鎌田一窓南化玄興毛利貞斎仙厓義梵玄々斎柳田泉裏千家楊凝式虚谷仙厓

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android