コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虚白 きょはく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

虚白 きょはく

1773-1847 江戸時代後期の僧,俳人。
安永2年生まれ。京都の人。近江(おうみ)(滋賀県)土山の常明寺の淡嶺について臨済(りんざい)禅をおさめ,法をつぐ。俳諧(はいかい)を高桑闌更(らんこう)にまなび,煨芋(わいう)軒をむすんで成田蒼虬(そうきゅう),桜井梅室らとまじわる。のち南禅寺,東福寺などの住持をつとめた。弘化(こうか)4年10月26日死去。75歳。僧名は松堂慧喬。別号に蔭涼軒。
【格言など】おほけなき床の錦や散り紅葉(辞世)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

虚白の関連キーワードティーク秋田蘭画蕪村七部集プガチョフの乱雲華科学史笹川繁蔵ローゼン鉱化剤女流文学

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

虚白の関連情報