コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常明寺 じょうみょうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常明寺
じょうみょうじ

滋賀県甲賀市にある臨済宗東福寺派の寺。寺伝によれば,和銅5 (712) 年元明天皇が文武天皇の霊を弔うために創建した。正平4=貞和5 (1349) 年頓翁了愚が京都東福寺から来山して中興。そのとき頓翁が京都から移植した茶が,近江茶の始まりとされる。所蔵する長屋王発願大般若経 27帖は,和銅5年に長屋王が文武天皇の追善供養のために書写させたものの一部で,国宝に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

常明寺の関連キーワード滋賀県甲賀市土山町南土山長屋王願経下村尾山太平寺土山虚白祐海

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android