虫売(読み)むしうり

  • (通称)

世界大百科事典 第2版の解説

江戸時代には6月ころから,市松模様屋台にさまざまな虫籠をつけた虫売が街にあらわれ,江戸の風物詩の一つであった。《守貞漫稿》には,〈を第一とし,蟋蟀(こおろぎ),松虫鈴虫,轡虫(くつわむし),玉虫(ひぐらし)等声を賞する者を売る。虫籠の製京坂麁也。江戸精製,扇形,船形等種々の籠を用ふ。蓋(けだし)虫うりは専ら此屋体を路傍に居て売る也。巡り売ることを稀とす〉とある。虫売は6月上旬から7月のまでの商売で,江戸では盆には飼っていた虫を放す習慣だったので盆以後は売れなくなったという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 夏から秋にかけて、蛍や鈴虫などの虫を売ること。また、それを業とする人。《季・秋》
※歌舞伎・小栗十二段(1703)三「小栗は小姓二人連れ虫売姿に様を変へ」
[2] 歌舞伎所作事。富本・清元。初世桜田治助作詞。名見崎徳治作曲。天明元年(一七八一)江戸市村座初演。本名題「連理橘(まいらせそろれんりのたちばな)」。白井権八の隠れ家へ虫売と灯籠売がきて、商売物の言い立てや、七夕の由来を物語る。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android