蟷螂の斧(読み)トウロウノオノ

精選版 日本国語大辞典の解説

とうろう【蟷螂】 の 斧(おの)

※三教指帰(797頃)下「盍擁虎豹之鉞、拉蟷蜋之斧
※歌舞伎・善悪両面児手柏(妲妃のお百)(1867)三幕「此の雷震が所持なす鏡、取らんなぞとは及ばぬ事、譬にも言ふ蟷螂(タウラウ)の、斧(ヲノ)の引導渡してくれう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

蟷螂の斧

無謀で、身のほどをわきまえない行いをすることのたとえ。

[使用例] 柴田なぞが、愚意をもって筑前を謀らんなどは笑止の沙汰じゃ。見ておれ。蟷螂とは、このことぞ[吉川英治*新書太閤記|1939~45]

[使用例] たとえ彼の方に、正当な理由があったにしろ、売春斡旋という不名誉な罪名の前では、しょせん蟷螂の斧であった[梶山季之*女の警察|1967]

[由来] 「荘子じんかんせい」に出てくる、きょはくぎょくという賢者のことばから。紀元前六世紀ごろ、中国の春秋時代、えいという国でのこと。太子のお守り役に任命されたある人物が、太子が凶暴な性格であることを知って、どうしたものか蘧伯玉に相談をしました。すると蘧伯玉は、「とうろうを知らざるか、ひぢを怒らして以てしゃてつに当たる(ご存じないですか、前脚をふりあげて大きな車に立ち向かっているカマキリのことを)」と言って、身のほど知らずのことはせず、相手に合わせていくのがよいでしょう、と諭したということです。

[解説] ❶昆虫の世界では圧倒的な強者、カマキリが前脚を振り上げる雄壮な姿も、大きな車を前にするととても小さく見えてしまいます。これは、同じ「荘子」の「天地」や、「韓詩外伝―八」「淮南子じんかん訓」などでも語られていて、人気のあるたとえ話だったようです。中には、「強敵を恐れない勇敢な姿」のたとえとして使われている例もあります。❷「蟷螂の斧」の形では、「文選」に収められた「えんしょうの為に予州にげきす」に使われているのが、古い例。なお、漢文では、「蟷螂」は「螳蜋」「螗蜋」などとも書かれます。

〔異形〕蟷螂が斧/蟷螂が斧を以てりゅうしゃに向かう。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報