引導(読み)いんどう

  • いんどう ‥ダウ
  • いんどう〔ダウ〕

デジタル大辞泉の解説

仏語。衆生を導いて悟りの道に入らせること。
葬儀の際に導師が棺の前に立ち、死者が悟りを得るように法語を唱えること。また、その法語。
先に立って導くこと。
「―の山伏に、いかなる御座敷候ふぞと問へば」〈太平記・二七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

先に立って導くことをいうが,教用語としては,迷っている者たちを悟りの世界へ導くことを意味し,さらに転化して,死者を浄土(仏の国土)へ導き入れる儀式をさすようになった。葬式における引導の仕方は仏教諸宗派によってさまざまであって一定していない。葬式を中心になって行う導師が棺前において,諸行無常(人生のすべてのことは必ず変化する)の(ことわり)と,必ず仏の救いにあずかることを説いて,死者にこの世との縁を切らせることを引導をわたすという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

人々を導いて仏の道に入れること。正しい道に導くこと。
葬儀の時、僧が死者に解脱げだつの境に入るように法語を与えること。
導くこと。案内。 -の山伏しかじかと申しける/太平記 27
[句項目] 引導を渡す

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

誘引開導の意で、本来は人を正しい道、仏道に導き入れることをいうが、転じて、死者を彼岸(ひがん)に導き済度(さいど)する葬儀の儀礼をいう。日本仏教では、真宗を除く各宗派でそれぞれ異なる引導の方法があるが、禅宗では法要を主宰する導師が柩(ひつぎ)の前で、引導法語とよばれる法語、偈頌(げじゅ)などを唱え、「喝(かつ)」などと大声を発する独特の儀式がある。これは中国唐代中期の禅僧黄檗希運(おうばくきうん)が溺死(できし)した母のために法語を唱え、荼毘(だび)の火を投じたことに由来するといわれる。[石川力山]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 先に立って導くこと。案内すること。教え導くこと。
※万葉(8C後)五・悲歎俗道仮合即離易去難留詩序「引導雖二得悟惟一也」
※太平記(14C後)二七「桟敷(さじき)の体余りに怖しく不思議にて、引導(インダウ)の山伏に〈略〉問へば」 〔南史‐王僧弁伝〕
② 仏語。迷っている人々や霊を教えて仏道にはいらせること。また、極楽浄土へ導くこと。
※多度神宮寺伽藍縁起資材帳‐延暦二〇年(801)一一月三日「天応元年十二月始私度沙彌法教、引導伊勢美濃尾張志摩并四国道俗知識等
※観智院本三宝絵(984)中「ただ願、大徳、後世を引導し給へと云」 〔法華経‐方便品〕
③ 仏語。死人を葬る前に、僧が、棺の前で、迷わずにさとりが開けるように、経文や法語をとなえること。また、その経文や法語。
※大乗院寺社雑事記‐文明元年(1469)一一月一四日「万寿寺長老其時節在国之間、引道申入云々」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

親指シフト

富士通が開発した独自のカナ文字配列とシフト方式を採用したキーボード。1980年に発売されたワープロ専用機、OASYSとともに登場した。日本語の高速入力が可能で、熱烈なファンをもつ。Macintosh用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

引導の関連情報