コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血液センター けつえきセンター blood center

6件 の用語解説(血液センターの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

血液センター
けつえきセンター
blood center

血液または血液製剤を得る目的で,健康な供血者から採血し,これに適当な処理を加えて保存し,医療機関の需要に応じてこれを供給する組織。 1936年シカゴクック・カウンティ・ホスピタルで始められた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けつえき‐センター【血液センター】

輸血用の血液を供血者・献血者より採取して検査・保存管理し、必要に応じて医師・医療機関に供給する施設。日本赤十字社が昭和27年(1952)に創設。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

血液センター【けつえきセンター】

血液を保存し必要に応じ医療機関に供給する組織。以前は血液銀行と呼ばれた。この種の組織は1936年シカゴのクック郡立病院に設置されて以来世界各国に広まった。日本では1950年ころから普及し,採血及び供血斡旋業取締法(1956年)等の法的規制を受けている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

けつえきセンター【血液センター】

血液を保存し医療機関の求めに応じて血液を供給する組織。以前は血液銀行blood bankと呼ばれた。この種の組織は,1936年にシカゴのクック郡立病院にできたのが最初といわれ,その後急速にアメリカをはじめ世界各地に広まった。 日本に近代の科学的輸血法が入ってきたのは1919年のことであるが,輸血が社会の関心を呼び,広く行われるようになったのは,1930年浜口雄幸首相が暴漢に撃たれ輸血で一命をとりとめたことが一つの契機になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けつえきセンター【血液センター】

日本赤十字社が行う輸血用血液の保存管理事業。1952年(昭和27)血液銀行として創設。64年現名に改称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

血液センター
けつえきせんたー

患者・医療機関と献血者の間にたって、必要な輸血用血液を確保するとともに、その血液を検査し、医療機関の要請に応じて供給する施設をいう。
 血液センターは当初、血液銀行とよばれ、日本赤十字社による創設は1952年(昭和27)であった。当時の血液銀行には民間のものもあり、血液確保の方法はほとんど買血によっていた。やがて買血による弊害が社会問題となり、政府は1964年「献血の推進について」の閣議決定を行い、献血思想の普及と献血受け入れ体制の整備を図ることとした。同年、日本赤十字社の血液銀行は「預血・優先還元」というイメージをなくすため、すべて血液センターと改称され、民間の血液銀行は次々と業務を廃止した。1973年以降、血液確保はすべて献血だけとなったため、現在の輸血用血液の受け入れは日本赤十字社の血液センターのみとなっている(2007年現在66か所)。
 次に血液センターのおもな事業内容を示す。
(1)輸血用血液の確保 血液センターの担当地区内に献血ルームを設置、また、献血協力団体(会社、町会、学校等)を組織し、血液の安定確保を図る。駅前等に献血車を派遣し、広く献血協力を呼びかける。
(2)血液の検査 献血された血液が輸血に支障がないかどうかを検査する(血液型、梅毒血清、HBs抗原、肝機能、HIV抗体等の検査)。さらに、献血者への健康管理の一助としての血液検査(肝機能、総タンパク、コレステロール等の検査)。
(3)血液の調整と供給 献血された血液を医療機関からの依頼に基づき調整製造し、供給する(全血、血小板、赤血球、血漿(けっしょう)製剤等)。
(4)その他 血液に関する調査研究および技術の開発等。[古谷克己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の血液センターの言及

【輸血】より

…日本に科学的輸血法が入ったのは1919年で,30年代以後広く行われるようになった。さらに52年には日本赤十字社に〈血液銀行〉事業所が設置され,64年〈血液センター〉に改組され,供給体制が整備された。血液センター
[全血輸血と成分輸血]
 前述のように,かつては輸血といえば全血輸血が行われてきた。…

※「血液センター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

血液センターの関連キーワード血管大静脈右心室右心房左心室自家血輸血刺絡補助人工心臓血液製剤の投与記録血液検体 (blood sample)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

血液センターの関連情報