コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行徳塩田 ぎょうとくえんでん

2件 の用語解説(行徳塩田の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

行徳塩田【ぎょうとくえんでん】

江戸時代,下総(しもうさ)行徳(現千葉県市川市)にあった入浜(いりはま)塩田。関東に入部した徳川家康が塩田の開発・保護を図るため,諸役の免除や資金の給付を行ったことから,1702年当時の塩浜面積は191町余にのぼった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょうとくえんでん【行徳塩田】

近世,下総国葛飾郡行徳領(幕領)に存在した江戸湾(東京湾)最大の入浜塩田。行徳地方には後北条氏治下にも塩浜の存在が知られるが,入浜塩田として整備されるのは徳川氏の関東入部以降である。家康は1590年(天正18)江戸に入府するや,生活必需品である塩の重要性にかんがみ,江戸近辺の塩田の保護をはかり食塩の確保につとめた。1596(慶長1)塩浜新開奨励のため諸役を免除し,また家康,秀忠,家光の3代にわたって塩田開発のため多額の資金を下付し,積極的な塩業政策を行っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

行徳塩田の関連キーワード大島有隣小笠原貞慶行徳葛西葛飾実有総州総国豊泉狩野新右衛門

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone