表郷[村](読み)おもてごう

世界大百科事典 第2版の解説

おもてごう【表郷[村]】

福島県南東部,西白河郡の。人口7607(1995)。中通り南部,白河市の南に位置し,八溝山地に栃木県に接する。中央を阿武隈川水系の社川が東流し,標高350m前後の広い埋積谷に耕地が開けている。村名は江戸時代の郷名にちなむ。中心集落は国道289号線が通る金山で,黄金川上流には古代から金山が開かれ,遣唐使派遣の費用をまかなったと伝えられる。1971年には灌漑用水犬神ダムが完成,圃場整備も完了し,農業の近代化が進んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android