コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表郷[村] おもてごう

1件 の用語解説(表郷[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おもてごう【表郷[村]】

福島県南東部,西白河郡の村。人口7607(1995)。中通り南部,白河市の南に位置し,八溝山地を境に栃木県に接する。中央を阿武隈川水系の社川が東流し,標高350m前後の広い埋積谷に耕地が開けている。村名は江戸時代の郷名にちなむ。中心集落は国道289号線が通る金山で,黄金川上流には古代から金山が開かれ,遣唐使派遣の費用をまかなったと伝えられる。1971年には灌漑用水犬神ダムが完成,圃場整備も完了し,農業の近代化が進んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

表郷[村]の関連キーワード阿武隈川白川棚倉土岐備前益子室戸いわき自然郷谷乃越

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone